「自分で自分を律することが成長のカギ」 名将・迫田守昭監督(広島新庄)の育成論とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.04

選手育成で大事にされていることとは?

【名将たちの言葉】
普段の生活から自分を律することが出来る選手は成長していく 迫田守昭(広島新庄)

 広島商時代には2回、そして現在指揮する広島新庄では3回と、春夏合わせて5回の甲子園出場へチームを導いた迫田守昭監督。今秋は広島県大会を制して、中国地区大会でベスト4進出。選抜出場が有力視されており、出場が決まれば自身6度目の甲子園出場となる。

 広島にとどまらず、全国でも屈指の名将という立ち位置にいる迫田監督。しかし、毎年結果を残すために、チームをどのように作れば常勝軍団が作れるのか。今回は育成論をテーマに話を聞いてみた。

(続きを読む)

【目次】
[1]限られた環境の中で重要視される集中力
[2]集中力は学校生活から研ぎ澄まされていく


関連記事
選抜ボーダーラインの広島新庄。出場することを想定して練習に取り組む真意とは
常勝軍団への第一歩は小さな家族、そして授業への取り組み方から始まる 迫田守昭監督(広島新庄)
試合巧者であり続ける 「日々勝負」と「データ主義」 広島新庄(広島)【後編】

【関連記事】
95年世代トップクラスの好投手・田口麗斗がトレード!さらに成績を伸ばせるか? 【ニュース - 高校野球関連】
タテジマ対決は東海だけじゃない! 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 チーム打率.382、20本塁打の強力天理打線を封じた秋田駿樹(広島新庄) 迫田前監督の教えを胸に躍動!【高校野球コラム】
広島新庄vs天理【2020年甲子園高校野球交流試合】
広島新庄vs尾道商【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広島新庄vs盈進【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
広島新庄 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
横浜DeNAの浮沈を握る3人のスラッガーたち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る