選手11人で四国大会に出場した川島(徳島) 少人数で勝ち上がる方法とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.21

部員15人(選手11人・マネージャー4人)で2年連続秋季四国大会出場を果たした川島

【四国発】
選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第60回では2年連続秋季四国大会に出場した川島(徳島)の話。選手11人・部員15人から強豪校を次々と破った理由を紹介しつつ、これから全国各地で大きなテーマとなるであろう「少人数校が勝ち上がる方法」を考えていきます。

(続きを読む)

【関連記事】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
秋の四国大会開幕!明徳義塾、新田などが初戦突破【秋季四国大会・26日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
26日開幕!四国の秋を制するのはどこだ!? 【ニュース - コラム】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
第21回 鳴門高等学校(徳島)【2年連続13度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
徳島北vs徳島商【徳島県 2019年春の大会 第72回徳島県高等学校野球春季大会】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
第16回 川島高校(徳島)「夏優勝を目指し県下一番の取り組みを目指す!」【冬が僕らを強くする2019】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国発
池田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
川島 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【後編】18人の鞍手高校野球部が強豪に勝つために必要な3つの事とは
次の記事:
明豊の主将にしてエース!若杉晟汰が2度の全国の舞台で成長できたこと、そして課題
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る