選手11人で四国大会に出場した川島(徳島) 少人数で勝ち上がる方法とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.21

部員15人(選手11人・マネージャー4人)で2年連続秋季四国大会出場を果たした川島

【四国発】
選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第60回では2年連続秋季四国大会に出場した川島(徳島)の話。選手11人・部員15人から強豪校を次々と破った理由を紹介しつつ、これから全国各地で大きなテーマとなるであろう「少人数校が勝ち上がる方法」を考えていきます。

(続きを読む)

【関連記事】
徳島商vs那賀【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
徳島科学技術vs城ノ内【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
徳島北vs池田【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
「効率性あふれる練習」と「冬の収穫」を活かして。昨秋四国大会8強の城東(徳島) 「自主性」の特性活かし前向きに 【ニュース - 高校野球関連】
四国4県公立校教員異動発表 今治西・大野 康哉監督は名門・松山商へ! 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
第21回 鳴門高等学校(徳島)【2年連続13度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
四国発
池田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
川島 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【野球部訪問】第172回 東海大学菅生高等学校(東京)【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る