岩倉(東京)の強みと科学的な取り組みとは?都大会1回戦敗退も春へ期待大!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.18

岩倉の新チームの現状に迫る

野球部訪問
気持ちの強さと科学的なアプローチで春の飛躍へ 岩倉(東京)

 東京都内の実力校として、毎年上位進出を狙える位置につけている岩倉。だが7月の下旬からスタートした新チームは、ここまで思うような成績が残せていない。秋季東京都大会では1回戦で都立国立に敗れ、早々に選抜甲子園の道を断たれたのだ。
 チームの現状や春に向けての立て直しは、一体どのように進めていくのか。チームを率いる豊田浩之監督に伺った。

(コラムを読む)

【目次】
[1]経験不足から1回戦敗退を喫した秋季大会
[2]秋季大会で2年生が見せた意地

【関連記事】
2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!第一勢力に入るのはどこだ! 【ニュース - コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
甲子園歴史館で企画展、熱戦のセンバツ~伝統校の軌跡と旋風校の奇跡~が開催! 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第6回 秋季都大会最大のジャイアントキリング 潜在能力高い二松学舎大附を破った明大中野八王子【東京の高校野球】
第9回 「沖縄強し」を印象づけた語り継がれるベストゲーム【沖縄の高校野球】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉vs東京学芸大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
日体大荏原vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
岩倉vs東洋【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
星城vs岩倉【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
岩倉 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
2年間で16の貯金を作った大谷翔平 過去5年の日本ハムの開幕投手たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る