過去10年間のドラフト1位生存率を探る!生存率100%の球団は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.02

ソフトバンクホークスにドラフト1位で指名された佐藤直樹(JR西日本)

■コラムNEW!!
ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!

 10月17日に行われた2019年プロ野球ドラフト会議では、総勢107名(支配下74名、育成33名)の選手たちが指名を受け、プロ野球への第一歩を踏み出した。中でも注目が集まったのはやはり、佐々木 朗希大船渡)、奥川 恭伸星稜)ら、「ドラフト1位」の選手たちだ。

 今回は、過去10年間の12球団ドラフト1位の選手たちを振り返り、その「生存率」を見ていきたい。(記事を読む)

【関連記事】
154キロ計測の奥川恭伸、初登板初勝利の西純矢ら高卒新人投手8人がデビュー 【ニュース - 高校野球関連】
昨年の高校生ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜出身)が最速154キロの衝撃デビュー! 【ニュース - 高校野球関連】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
星稜・内山、東海大相模・山村など今年の選抜には2017U-15日本代表経験者が16名出場!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る