• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • ファーストを甘く見てはいけない!名将・馬淵史郎監督が考えるファースト論と練習方法とは?

ファーストを甘く見てはいけない!名将・馬淵史郎監督が考えるファースト論と練習方法とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.15

実際にレクチャーをする馬淵史郎監督

【侍ジャパンU-18代表特集】
これをすれば失点は防げる! 明徳義塾(高知)の「一塁手守備練習」

 今年のワールドカップは5位に終わった高校日本代表。その中でもチームで守ったことのないポジションを、代表選手たちが守ったことに疑問の声が上がった特にファーストの守備については練習が必要だと考えるのが、明徳義塾の名将・馬淵史郎監督。

 馬淵監督がそのように考える理由や、どういった練習方法が最適なのか。明徳義塾における、ファーストの守備強化の術を紹介したい。(コラムを読む)

【関連記事】
第59回 秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手)【四国発】
明徳義塾vs高知工【高知県 2019年秋の大会 高知県秋季大会】
高卒2年目・西浦颯大の躍進の裏側にある、明徳義塾時代の経験とは 【ニュース - コラム】
第87回 西浦 颯大(オリックス・バファローズ/右翼手) 「不完全燃焼」だった明徳義塾時代を糧に【高校野球コラム】
背番号「11」=切り札? これまで背番号11を背負ってきた選手の活躍を振り返る 【ニュース - コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第967回 秋季高知県大会を展望  「高知県の2019秋」は四国大会も見据え混戦模様【大会展望・総括コラム】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、國學院久我山の初戦は?組み合わせ結果をトーナメント表でチェック!【秋季東京都大会一次予選】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る