「野手も投手の練習を」故障を減らす為に筑波大・川村卓監督が考えていること

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.14

筑波大・川村卓監督

【球数制限問題】
指導者と医療関係者の協力は必要不可欠 筑波大・川村卓監督が語るアマチュア野球の現状 vol.3

 現場の学生スタッフと協力しあいながら、投手の怪我を防ぐことに努めている筑波大の川村卓監督。故障を減らすには医療関係者との協力は必要不可欠だと強調する。その意味について語っていただいた。(コラムを読む)

これまでの記事はこちら!
大学野球に進んだ投手で故障の経験がない投手はほとんどいない 川村卓監督(筑波大)が現状を語る vol.1
筑波大は選手1人1人にあった球数制限を導入して重大な怪我を防ぐ 筑波大・川村卓監督が指導者へメッセージvol.2

【関連記事】
大学野球の首都大学リーグは春季リーグ戦中止 【ニュース - 高校野球関連】
中学軟式野球の全国大会投球制限を改定 【ニュース - 高校野球関連】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
第388回 筑波大学 篠原 涼選手【後編】「基本の積み重ねが今の自分を作った」 【2016年インタビュー】
第387回 筑波大学 篠原 涼選手【前編】「甲子園に出るまでは地元に帰らないと決めた1年春」 【2016年インタビュー】
第2回 筑波大野球部 科学サポート班「SSD(scientific support department)」【データを試合に生かそう】
球数制限問題

コメントを投稿する

次の記事:
昨秋の神宮大会王者・中京大中京が8回コールド勝ち発進!公式戦無敗はまだ続く
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る