今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由とチームの特徴

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.15

16校の特徴を紹介! 写真:共同通信

【101回大会特集】
今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由

 第101回全国高等学校野球選手権大会は8月14日をもって、ベスト16が出揃った。顔ぶれを見ていくと、ほぼ順当に実力校が残った。この16校のほとんどは春の時点から、試合内容も、選手のパフォーマンスも別格のレベルを示していたチームだ。今回は3回戦に進出したチームの特徴を紹介していく。(コラムを読む)

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
指揮官、チームメイトが明かす世代屈指のスラッガー・内山壮真(星稜)の凄さ 【ニュース - インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
小園海斗(報徳学園出身)も続くか? 広島の高卒生え抜きの2桁本塁打達成者からは日本代表が3人 【ニュース - 高校野球関連】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第4回 岐阜聖徳学園(岐阜) 「名物練習はロッキー!県立岐阜商を倒して県8強以上、そして甲子園へ!」【冬が僕らを強くする2020】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明石商 【高校別データ】
岡山学芸館 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
山田健太の守備の師匠!大阪桐蔭出身・坂之下晴人(関西大)の守備のポイントは左足にあった!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る