今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由とチームの特徴

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.15

16校の特徴を紹介! 写真:共同通信

【101回大会特集】
今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由

 第101回全国高等学校野球選手権大会は8月14日をもって、ベスト16が出揃った。顔ぶれを見ていくと、ほぼ順当に実力校が残った。この16校のほとんどは春の時点から、試合内容も、選手のパフォーマンスも別格のレベルを示していたチームだ。今回は3回戦に進出したチームの特徴を紹介していく。(コラムを読む)

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第98回 星稜(石川)編「好投手強打者を生んだ名門・星稜のつながり」2019版【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
初優勝を掴み取るのは?星稜vs履正社の勝負のポイントとキーマンを紹介 【ニュース - コラム】
第962回 【決勝戦展望】履正社vs星稜の勝負のポイント&キーマンとなる選手は?【大会展望・総括コラム】
琉球トルネード・島袋 洋奨がもたらした史上6校目の春夏連覇。2010年夏の決勝戦を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
岡山学芸館 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る