• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • 球数制限問題を年間200件の手術を行う古島弘三医師が語る「球数制限せざる得ない状況になっている」

球数制限問題を年間200件の手術を行う古島弘三医師が語る「球数制限せざる得ない状況になっている」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.13

古島弘三医師

【球数制限問題】
手術件数年間200件、「球数制限はせざるを得ない状況になっている」古島弘三医師 インタビューVol.1

 最近よく耳にする球数制限問題。ピッチャーの肩・肘の酷使を懸念し、国際大会でも取り入れられている球数制限を採用するか否か。この議論がことあるごとに世間で話題となるが、今回から5回にわたって医療現場でどうなっているのか、慶友整形外科病院でスポーツ医学センター長である古島弘三医師の意見を伺った。(コラムを読む)

【関連記事】
「指導者の意識を変えないと故障者は減らない」年間手術件数200件の古島弘三医師が語る指導のあり方 【ニュース - コラム】
「指導者が変わらなければ野球界は変わらない」球数管理を行い投手の実力を伸ばした健大高崎 【ニュース - インタビュー】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
球数制限問題

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る