「教え子全員が甲子園に行かせてくれたのは間違いない」益田東(島根)を率いる指揮官の奮闘記

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.15

大庭敏文監督

野球部訪問!
野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】

 益田東はいわゆる「大所帯の私立強豪校」を想像していると、いい意味で“裏切られる”野球部だ。

 練習量は多いが、選手たちの表情は明るく、笑顔が見えることもめずらしくない。100人を超える部員が在籍しているが、“何もしていない”選手は皆無で、場所と時間を効率よく使いながら練習に励んでいる。

 「『ここに来なければよかった』とは絶対に思わせたくないし、思わせたらいけないと考えています」
 こう指導方針を語るのが、益田東を昨年夏の甲子園に導いた大庭敏文監督だ。大学卒業直後の2004年から、母校である益田東の監督を務めている。ここ数年は部員100人を超える大所帯が続いているが、部員間の繋がりを重視したファミリー感のあるチーム作りを徹底。そこには、大学卒業直後から母校を率いる指揮官の熱い思いがあった。(コラムを読む)

【目次】
[1]恩師からの打診
[2]大敗後「整った」ことで掴んだ夏/再びの開星戦

【関連記事】
明学東村山vs開成【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
開成と明学東村山のゲームは最後まで手に汗握る投手戦 【ニュース - 高校野球関連】
開星と石見智翠館が決勝進出!【選手権島根大会・27日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第1013回 甲子園に出場した先輩たちに追いつくだけでなく越える 注目のスラッガー・安田陸人(益田東)【前編】 【2019年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
都立鷺宮vs開成【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第599回 勝利への最短ルートは割り切ること!自分たちのできる野球をする 開成(東京)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第597回 ミスして当たり前だからこそバッティング!独特のスイング軌道で革命を起こす! 開成(東京)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第78回 開成(東京)「基本の大切さを考える」常に明日が大会のつもりで!【冬が僕らを強くする2019】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
第792回 「軽く振って飛ばす」ことで自信が芽生えた中国地方注目スラッガー・水谷瞬(石見智翠館)【前編】 【2018年インタビュー】
常葉大菊川vs益田東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs逗子開成【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
安田学園vs開成【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
開成 【高校別データ】
益田東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
西谷野球の体現者、中川卓也(早稲田大)に息づく大阪桐蔭の教えとは?!【後編】
次の記事:
大阪桐蔭が苦しみながらも初戦突破!エース・中田が完投勝利!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る