受け継がれる諫早の魂!考える力がもたらすチームへの意外な効果とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.14

木寺賢二監督(諫早)

野球部訪問!
諫早(長崎)のスムーズなDNAの継承【後編】

 1970年代~1980年代にかけて春夏4度の甲子園出場を誇る長崎の諫早高校。就任して3年が経った木寺監督が「今年のチームは楽しみ」と語る理由とは。後編では考える力がもたらす世代交代について話を聞きました。(コラムを読む)

【目次】
[1]選手を信じ可能性を伸ばす
[2]そのルーツは高校時代にある!

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会長崎大会
■開催期間:2019年7月11日~7月28日(予定)
■展望コラム【今年の長崎は激戦区!創成館や長崎商など実力校がひしめく夏の長崎大会の展望を紹介!】

【関連記事】
伝統校・銚子商(千葉)が復活したのはどうして?復活劇の裏側に迫る!【前編】 【ニュース - コラム】
時代が令和になってもライバル・習志野は変わらない!銚子商(千葉)が目指すゴール【後編】 【ニュース - コラム】
第78回 諫早(長崎)「今年は楽しみなチーム!個性的な選手が集まる!」【僕らの熱い夏2019】
第644回 諫早(長崎)のスムーズなDNAの継承【後編】【野球部訪問】
第643回 「考える力」を持っていた諫早(長崎)だからこそ起こった化学反応【中編】【野球部訪問】
第642回 「今年のチームは楽しみ」選手が自分で考える力を信じた3年間! 諫早(長崎)【前編】【野球部訪問】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
諫早 【高校別データ】
諫早商・島原翔南・国見 【高校別データ】
諫早農 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第2シード・津久見敗れる!大分雄城台はサヨナラで3回戦へ!【選手権大分大会・14日の結果】
次の記事:
龍谷大平安や北嵯峨が強打で4回戦に進出!3回戦の3試合を徹底レポート!【選手権京都府大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る