富岡西悲願の夏制覇なるか!?激戦必須の徳島大会を徹底解説!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.13

浮橋 幸太(富岡西)

【大会展望・総括】
第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】

 13日から徳島大会が開幕する。21世紀枠でセンバツに出場した富岡西は悲願の夏制覇に挑む。徳島商徳島北池田といったシード校も力があり激しい鍔迫り合いが予想される。そんな徳島大会をブロックごとに分析し、この夏を占ってみた。(コラムを読む)

【目次】
[1]浮橋 幸太のサポート」が富岡西・春夏連続出場の絶対条件
[2]タレント両輪の徳島商、連覇狙う鳴門初戦は宿命の「鳴門市ダービー」

【関連記事】
菊池雄星、大谷翔平、佐々木朗希と豪腕名投手輩出県!岩手県の伝統公立校を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
活動再開に向けて一歩ずつ前へ。各都道府県の学校再開、夏の大会開幕予定一覧リスト 【ニュース - 高校野球関連】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第3回 かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
鶴岡東vs高松商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
高松商vs坂出工【香川県 2019年夏の大会 第101回選手権香川大会】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
富岡西vs高松商【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
高松商vs高知【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
高松商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
八尾、近大付が勝利!12日の結果をトーナメント表でチェック!【大阪大会】
次の記事:
東金商vs横芝敬愛の一戦を徹底速報!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る