過ごしやすい季節だからこそ気を付けたい「骨折」のアクシデント

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.15

骨折の種類とカルシウムの必要性

■セルフコンディショニングのススメ NEW!!
骨折とは骨の連続性が立たれた状態の事

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 5月も中旬を過ぎ、過ごしやすい季節となりました。公式戦を勝ち続けているチームはもちろんですが、そのほかのチームも休日などを中心に練習試合など実践的な練習を積んでいることと思います。その中で気をつけたいのがデッドボールや接触プレーなどによる突発的なアクシデントによるケガです。この時期にケガをしてしまうと夏の大会に間に合うかどうかも気になるところですよね。
 さて今回はアクシデントによって起こることが多い骨折と競技復帰に向けたコンディショニングについてお話をしたいと思います。(続きを読む)

【目次】
[1]骨折も種類はさまざま
[2]「骨折=カルシウムの摂取」だけではない!

【関連記事】
アスリートと腸内環境の関係性とは 【ニュース - その他】
体の構造を知り効果的な体の使い方を覚えよう! 【ニュース - コラム】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第226回 暑い時期の練習計画とコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 熱中症が疑われるときの応急対応はどうすればいい?【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
「コトダマ」企画特別編!球児がグラブの刺繍に込めた想いとは―
次の記事:
本日千葉大会抽選会!シード校一覧、ノーシード校をチェック!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る