強豪校が相次いでノーシードに回った春の神奈川県大会を振り返る!!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.05

ノーシードから2季連続の甲子園を目指す(桐蔭学園)

【大会総括・展望】
桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!

 4月28日に決勝が行われた春季神奈川県大会は、東海大相模桐光学園を6対2で破り、2年ぶり11度目の優勝を飾って幕を閉じた。
 今回は、惜しくも試合に敗れシード権を獲得出来なかったチームの紹介。そして、ノーシード校に回ったチームの中から夏に向けての注目選手を紹介していく!(続きを読む)

【目次】
[1]フレッシュな顔ぶれ揃うシード校
[2]令和初の神奈川大会は序盤から見どころが満載な予感

【関連記事】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
神奈川はベスト8が決定!東海大相模や横浜、桐光学園などが順当に勝ち上がる【秋季神奈川県大会  15日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
桐光学園vs慶應義塾はスコア以上に野手のレベルの高さが見られた熱戦!2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs横浜翠嵐【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第213回 【逸材レポート】佐藤一磨(横浜隼人)「急成長!春から最速7キロも速くなった大型左腕」【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第392回 横浜隼人高等学校 高橋淳彦選手「中本牧シニア出身のスラッガーは宮里だけじゃない!」 【2016年インタビュー】
第298回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【後編】 「前向きに取り組むことが自分のためになる」 【2015年インタビュー】
第297回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【前編】 「打撃好調の秘訣をメカニズムの観点からを探る」 【2015年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
湘南工大附 【高校別データ】
星槎国際湘南 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
甲子園に迫り続ける実力校・鹿児島はなぜ高い目標を掲げ続けるのか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る