最速146キロ右腕・武内未来を軸にベスト4に進出した真颯館(福岡)の冬に迫る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.07

練習中の様子(真颯館)

【冬が僕らを強くする】
真颯館(福岡)新しい伝統を創って質の高い野球を目指す

 今年も好評連載中!全国各地の野球部にこの冬のトレーニングや春への意気込みを伺った「冬が僕らを強くする」。第34回は真颯館です。

 最速146キロを誇る武内 未来を中心に、秋季福岡県大会では3位の成績を残した真颯館。「新しい伝統を創っていこう」というテーマを掲げてスタートした真颯館の冬の取り組みに迫っていく。(コラムを読む)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]秋はベスト4に進出するも筑陽学園に完敗
[2]スイングの量はどこにも負けない!

【関連記事】
八戸学院光星、筑陽学園など夏の甲子園出場校8校が敗退 【ニュース - 高校野球関連】
三連覇を狙った最後の夏は決勝で敗退 それでも「興南に来て、本当に良かったな」興南高校三年生座談会【後編】 【ニュース - コラム】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第44回 筑陽学園(福岡)【16年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
真颯館vs鹿児島商【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs大分【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs山梨学院 2【第91回選抜高等学校野球大会】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
武内 未来(真颯館) 【選手名鑑】
丸林 駿太(真颯館) 【選手名鑑】
真颯館 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【全国高校野球選手権大会】2012年夏の甲子園、なぜ本塁打は激増したのか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る