中国・四国地区の5枠目を勝ち取るのは?候補4チームを分析!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.25

左から赤沢 将宗(高知商)、西 純矢(創志学園)、浮橋 幸太(富岡西)、沼田 仁(市立呉)

【選抜大会・展望】
中国・四国の5枠目を勝ち取るのは?候補4チームを分析!

 25日の選抜出場校が決まる。また激論になりそうなのが中国・四国地区である。中国・四国は5枠。決勝進出2チームの計4チームは有力で残り1枠を中国・四国のベスト4で争う形になる。成績は県大会から見ていきたい。

(続きを読む)

【目次】
[1]投打ともに安定している市立呉/創志学園は西純矢をどう評価するのか?
[2]一般枠でも十分に選ばれるに値する富岡西/試合内容は安定。打線が強力な高知商

【関連記事】
野球という競技が「子どもたち目線」で地域のためにできることとは? 【ニュース - コラム】
第34回 徳島県高野連ティーボール教室で感じた「子どもたち目線」で気付くこと【四国発】
通算34本塁打の「山梨のデスパイネ」野村健太(山梨学院)が化けた秘密に迫る!【前編】 【ニュース - インタビュー】
第15回 明誠学院(岡山)「みんなキャプテン」という言葉をチームで意識する【冬が僕らを強くする2019】
第548回 「夢の舞台」想定で全国1勝を 富岡西【後編】【野球部訪問】
第836回 中国・四国の5枠目を勝ち取るのは?候補4チームを分析!【大会展望・総括コラム】
第833回 21世紀枠最終推薦校に選ばれた9校にはどんな逸材がいるのか??【大会展望・総括コラム】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第813回 飛躍の夏、我慢の秋。西純矢と創志学園が来夏に笑うために必要なこと 【2018年インタビュー】
松山聖陵vs富岡西【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
高松商vs高知商【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
米子東vs市立呉【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
富岡西vs帝京第五【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第422回 創志学園・髙田 萌生投手 『初の甲子園出場に導いた右腕の次なる目標は世代頂点投手へ』 【後編】 【2016年インタビュー】
市立呉 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
富岡西 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
春の京都を制するのは一体どのチームなのか?【春季京都府高等学校野球大会 1次戦 組み合わせ結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る