• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • 『野球ノートに書いた甲子園FINAL』発売記念!菊池 雄星が書き続ける野球ノートの中身に迫る

『野球ノートに書いた甲子園FINAL』発売記念!菊池 雄星が書き続ける野球ノートの中身に迫る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.08.10

菊池 雄星投手(埼玉西武ライオンズ)

 本日発売!「野球ノートに書いた甲子園FINAL」。その発売記念として、プロ野球選手の野球ノートを紹介します。今回は埼玉西武のエース・菊池雄星投手!

 菊池投手の高校時代を振り返ると、春1回、夏2回の甲子園に出場。3年春の第81回選抜高校野球大会では、準優勝を経験。高校最後の夏は、第91回全国高校野球選手権大会に出場を決めると、甲子園で最速154キロをマーク。エースとして、4強入りに大きく貢献しました。

 実は、この年の花巻東の選手たちは、「野球ノート」を毎日書いていたものの、佐々木監督に提出することはなかったという。あくまで、選手間で自主的に野球ノートに取り組み、お互い抜き打ちで書いているかどうかをチェックし合うというシステムでした。
「書かされているノート」ではなく、自ら取り組んでいた花巻東のノート。当時、菊池は、どんな思いでそのノートと向き合っていたのか。また、どんな内容を記しているのでしょうか。 (続きを読む)

【目次】
[1]中学からプロ入り後も書き続けている菊池 雄星の野球ノート
[2]花巻東高時代・菊池 雄星らの代で実践していた野球ノート活用法
[3]野球選手にとって大事な自分と向き合う時間を生み出す

書籍タイトル:『野球ノートに書いた甲子園FINAL
著者名:高校野球ドットコム編集部
定価:1,100円+税
出版社:幻冬舎 

★予約はこちら:Amazon.co.jp

野球ノートに書いた甲子園FINAL 特設サイト

【関連記事】
決勝は岩手県勢初Vか?それとも5年ぶりVか?準決勝の2試合を徹底レポート!【秋季東北大会】 【ニュース - 高校野球関連】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
決勝戦は八戸学院光星vs盛岡大附の組み合わせに決定!【秋季東北大会・17日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
第329回 埼玉西武ライオンズ 菊池 雄星投手 「剛腕左腕復活の1年」 【2015年インタビュー】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
活躍著しいチームとともに秋季岐阜県大会を総括!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る