2016年の公立勢の顔となったのはどこ?公立校の躍進を一挙にプレイバック!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.12.22

米麦 圭造(高松商)

【2016の高校野球を振り返る】
2016年の公立勢の顔となったのはどこ?公立校の躍進を一挙にプレイバック!

 甲子園の常連校と言われている、いわゆる強豪私学と、多くの公立高校をはじめとする、特に野球部を強化指定部としてはいない普通の学校との二極分化。この傾向は、近年ますます顕著になってきている。そうした中で、今年もいくつかの公立校は健闘を示した。そんな公立校はどのようにしてチームを作り、戦っていったのだろうか。(コラムを読む)

【関連記事】
都立葛飾商vs都立日野台【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
平成最後の選抜を制するのはどこだ?組み合わせ決定直後の大会展望を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
報徳学園は激戦区へ!?春季兵庫県 地区予選の組み合わせ決定! 【ニュース - 高校野球関連】
高松商vs西条【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第37回 北のスター選手を育て続けたNPBの名コーディネーター、故郷への恩返しに凱旋!【四国発】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
四国選抜vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
明石商 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
いなべ総合 【高校別データ】
大府 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
都立城東 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
東浦 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
西尾東 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】
日立一 【高校別データ】
松本工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
侍ジャパンU-18代表が台湾を下し、2連勝!2番手・堀瑞輝が7奪三振の快投!
次の記事:
WBSC U-18のコーチ陣が発表!日本代表選手はどのように決められるの?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る