今年も暑い夏がやってきます。夏に気をつけたいことといえば、まず熱中症が挙げられるでしょう。熱中症が起こる背景には「高温・多湿」「風の有無」「閉めきった空間」などの環境要因、「長時間にわたる屋外での作業や激しい運動」「不十分な水分・塩分補給」といった行動要因、そして生活習慣などに左右される身体的な要因が考えられます。熱中症になりやすい生活習慣について5つの項目を挙げます。自分の生活習慣と照らし合わせてチェックしてみてください。

●室内の冷房温度が低すぎる
 暑い屋外で練習をしていると、ついつい部屋では涼しい環境にしたいと冷房の温度を極端に下げることがあります。屋外と屋内の温度差が激しいと自律神経の働きに影響を及ぼし、屋外に出たときにその暑さに耐えられず体調を崩してしまうことがあります。部屋では扇風機などを使って空気を循環させ、冷房の温度は28℃前後で設定するようにしましょう。

●冷たいものを習慣的に食べる
 「たまのご褒美にアイスクリームを食べる」といったことは問題ありませんが、冷たいものを常時飲食する習慣がついてしまうと、これもまた熱中症のリスクが高まります。体が冷えた状態から暑い環境に身を置くと、やはり外気温との差が体に影響し、疲れやすく、体調を崩す一因となります。夏でも体を温めるスープや味噌汁などを活用しながら、胃腸に負担をかけない食事を心がけましょう。

●湯船につからず、シャワーのみで過ごす
 汗をかいた体をサッパリするために、湯船につからずシャワーのみで済ます選手がいます。入浴時に体をしっかり温めることは全身の血流を改善し、疲労回復に効果が期待できるものです。シャワーのみの環境のときは足湯などでも構いませんので体を温めることを意識してみましょう。暑いからシャワーで済ますのではなく、湯船で体を温めることが熱中症予防にもつながります。

●睡眠不足
 日中、練習や試合などで体力的に大きな負担がかかっているのに、休養が不十分であれば翌日のコンディションにも影響を及ぼし、熱中症のリスクが高まります。熱中症の症状が見られる選手の大半は「前日の睡眠不足」「朝食抜き」の傾向が見られます。前日の疲労をため込まないためにも、十分な睡眠時間と、睡眠の質の向上(入眠までの時間が短く、途中で目が覚めることもなく、目覚めのいいスッキリした睡眠)を意識して、生活リズムを整えるようにしましょう。

●食事の欠食(特に朝食)
 屋外で練習する当日に朝食をとらずに参加することは非常に危険な行為と言わざるを得ません。そのくらい朝食抜きで野球をプレーすることは、熱中症のリスクを高めます。食事ではその日動くためのエネルギー源の確保、そして水分・塩分補給を行うことができますが、欠食時にはこうした必要な栄養素が足りなくなってしまいます。熱中症の症状で倒れるようなことを避けるためにも、朝食は必ずとるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!