スポーツ現場でよく起こるケガの一つに筋肉の肉離れ(筋挫傷)があります。肉離れとはランニングやジャンプ、投球動作など一瞬で大きなパワーを必要とする動作によって、筋線維が引き伸ばされ、筋肉と腱のつなぎ目部分や筋肉のふくらんだ部分である筋腹がダメージを受ける状態を指します。最も多く発生するのは太ももの裏側(ハムストリングス)と言われていますが、それ以外にも太ももの前側、ふくらはぎ、わき腹など、筋肉のある部位には必ず肉離れのリスクがあります。

 太ももの肉離れでは走っているときにブチっと音がした、切り返し動作で急に力が入らなくなった、太もも部分に内出血が見られる等、かなりわかりやすい状態でアクシデントが起こります。受傷程度がひどくなると踵をつけて歩くことが困難になり、そのまま続けてプレーを行うことはできません。

 肉離れを経験してから振り返ってみると、練習前などに太ももの張りや違和感を覚える選手も少なくありません。こうした体の変化を見逃さないようにするためにも、日々のウォームアップでは筋温を上げて柔軟性を確保することと同時に、自分の体に変化が見られないか、左右で違いはないかといったことを確認しましょう。いつもとは違う状態で不安を感じる場合は、運動量や運動強度を極端に上げるのではなく、段階的に参加することや指導者と相談の上、練習内容を変更するといったことも必要になるでしょう。

 肉離れを起こした時はまず基本のRICE処置を行います。氷や氷水などで患部を冷やし、伸縮性のある包帯などで固定して、受傷部位を動かさないようにした上で病院を受診しましょう。このとき、受傷した部位をストレッチすると痛みがあると思いますが、いつもの「伸びている」という感覚ではなく、刺すようなズキッとする痛みがあるときはストレッチをするとケガを悪化させることにもつながります。痛みを我慢して無理に伸ばすことは避け、逆に太ももを軽く曲げて筋肉を伸ばさないような状態を保つようにしましょう。太ももの裏側を痛めた場合は膝を軽く曲げた状態で安静に保つようにします。

 競技復帰については受診した医師の指示に従いながら、トレーナーや治療家など相談できる専門家が近くにいる場合はその指導を仰ぐようにすると良いでしょう。痛みが軽減した段階から少しずつストレッチなどで柔軟性を回復し、同時に低下した筋力を回復させるようにトレーニングを行うようにします。柔軟性や筋力が低下した状態で競技復帰してしまうと、再発の要因にもなります。相談できる人が近くにいない場合は、左右の柔軟性や筋力などを比較し、ほぼ同等のレベルまで回復することを一つの目安として、競技復帰前には一度病院で医師の確認をとるように心がけましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!