ケガをしたときの安静とは

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.09

患部を動かさないように配慮しながら、早期競技復帰を目指そう

 スポーツ現場では予防可能なケガとアクシデントによるケガに大きく分けられますが、野球を続けていると皆さんもケガをした経験はあると思います。基本的には医療機関を受診し、医師から患部を安静に保つようにいわれることが多いと思いますが、この時の「安静」とはどのようなことを指しているのでしょうか。

 ケガによる安静とは「患部をさまざまな外力から守り、大きな負荷がかからないようにある程度動きを制限すること」とも言い換えられるでしょう。ベッドレストのように全身を動かさないようにするのではなく、ケガをした部位に負担をかけないように休ませることと理解しておきましょう。体重が直接的にかかる足首や膝、股関節などの荷重関節や下肢をケガした場合は、体重がかからないように免荷(めんか)を指示されることもあります。免荷を行う代表的な用具としては、松葉杖が挙げられます。

 ケガをした部位を安静にしておくということは、その部位に負担がかからない範囲で他の部位は競技復帰に向けてトレーニングを行うことが可能です(患部外トレーニング)。例えば足首をケガしてしまったとしても、上半身のトレーニングには問題なく行えると思いますし、反対側の足についてもトレーニングをすることは可能です。ケガの部位以外については、なるべく積極的に動かしながら筋力を維持し、患部の回復にあわせて全身を使ったトレーニングへと移行するようにしましょう。上半身のケガの場合、下半身のトレーニングへの制限は基本的にありませんが、たとえばランニングの振動などによって患部にストレスがかかることがありますので、医師からの指示に従って患部外トレーニングを進めるようにしましょう。

 ケガをして野球のプレーが十分にできない時期であっても、患部外トレーニングを行い、競技復帰までの時間を短くすることは大切なことです。患部を安静にすることを優先させ、その上でできることを少しずつ増やして早期の競技復帰を目指しましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
ケガやアクシデントのリスクを減らす環境整備 【ニュース - ヘルスニュース】
春に起こしやすい肩痛・肘痛を予防しよう 【ニュース - コラム】
第264回 春に起こしやすい肩痛・肘痛を予防しよう【セルフコンディショニングのススメ】
第263回 投球前のウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第262回 フィジカルコンディションの考え方【セルフコンディショニングのススメ】
第261回 息を吐いてコンディションを整える【セルフコンディショニングのススメ】
第260回 自主練習と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
東京ガスの核弾頭!社会人3年目を迎える注目スラッガー・笹川晃平へインタビュー!
次の記事:
プロ4名輩出 2016年秀岳館の主力選手たちの現在
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る