体を温めるちょっとしたコツ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.05

ホットカイロを血流豊富な部分にあてると全身が温まりやすい

 寒い時期は屋外に出るにもちょっと気合いが必要なほど、空気が冷たく感じられるものです。運動前にウォームアップを行うと体の中から温まってくるため、野球やトレーニングへの準備が整いますが、ウォームアップの前段階で寒さを感じるところは何とかしたいと思う選手もいるのではないでしょうか。

 気温が低い中で体を動かすとき、より早く体が温まるように「体の中から温める」方法と「体の外から温める」方法を挙げてみます。

【体の中から温める】
 一番手軽に取り入れられるものとしては、温かい飲み物を飲むということです。水分補給の目的も果たしつつ、運動前に温かいものを飲んでみましょう。特にオススメなのはしょうがのすり下ろしか、チューブタイプのものを少量加えたしょうが紅茶です。

 しょうがにも、紅茶にも体を温める作用があるため、体の中からポカポカとした温感を得られるようになります。ティーパック型のものを使うとより手軽に試すことができますね。この他にもコーンスープやお味噌汁、ミルクココアなどでも良いでしょう。

【体の外から温める】
 こちらの代表的なアイテムといえば使い捨てのカイロではないでしょうか。手がかじかむとプレーにも影響を及ぼすため、指先を温めている選手をよく見かけます。カイロを運動前に体を温める目的で使うのであれば、手指だけではなく、血流がより豊富なところを温めてみましょう。

 具体的な部位としては首の後ろ側をしっかりと温めることをオススメします。ネックウォーマーなどを使う場合は首との間にはさんでおくと安定します。首には太い血管が存在し、そこから全身に血液が循環するため、この部分を温めることによって体全体が温まりやすくなります。屋外でスポーツを観るときや、練習見学をされる保護者の方にもオススメの寒さ対策です。

 体を動かすとウォームアップ効果によって体の中から温まりますが、その前段階として手軽に温熱効果を得られるもの2つご紹介しました。寒くて体が思うように動かない…というときはぜひ試してみてくださいね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
補食や朝食に活用したいドライフルーツ 【ニュース - ヘルスニュース】
腸脛靱帯炎の原因と予防 【ニュース - ヘルスニュース】
第261回 息を吐いてコンディションを整える【セルフコンディショニングのススメ】
第260回 自主練習と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第259回 筋肉をつけるとスピードが落ちるという誤解【セルフコンディショニングのススメ】
第258回 反復練習による疲労骨折を未然に防ぐ【セルフコンディショニングのススメ】
第257回 足首の捻挫について理解しよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
5月いっぱいまで休校。球国愛知がぶつかる現実に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る