寒い時期に考えたい補食の役割

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.01

体が冷える寒い時期は温かい汁物を活用しよう。

 本格的なオフシーズンを迎え、体づくりのために日々トレーニングに励むチームも多いことと思います。大事なことは「技術練習・トレーニング」「栄養」「休養」のバランスをとること。詰め込みすぎても体が疲弊してしまいますし、栄養・休養の不足によってもトレーニングの成果を十分に引き出すことができません。

 成長期でもある皆さんはしっかりと食事をとっているでしょうか。野球の練習やトレーニングなどで体を動かし、さらに体の成長に必要なカロリーを確保するためには並大抵の食事量では間に合わないことも多く、特に筋肉の源となるタンパク質やタンパク質を作り出すために必要なビタミンB1などは意識してとる必要があります。

 そこで三食の食事に付け加えて練習前後の補食を活用し、必要なエネルギー源や栄養素を確保するようにしましょう。

《コンビニを活用しよう》

 練習前後の補食を自宅から持参することができればいいのですが、むずかしい場合はコンビニなどで手軽に購入できるものなども検討してみましょう。基本は食事と食事の間を「つなぐ」ものであり、メインの食事に影響がない範囲にとどめることが大切です。

 補食の基本的な考え方としては「主食+もう一品もしくは飲み物」。おにぎりやパン、肉まんなどの主食はエネルギー源の確保として、もう一品は自分に必要な栄養素が準備できるといいですね。タンパク質メインであれば例えばサラダチキンや一口サイズのチーズ、ヨーグルト(ドリンクタイプも含め)など、ビタミンCを中心に考えるのであればフルーツ系や野菜系のジュース、バナナなどすぐに食べられる果物など、自分の好みに合ったものを選びましょう。

《温かい飲み物やスープはウォームアップ効果も》

 これから寒くなる時期は練習前に温かいスープや飲み物などをとることもオススメです。紅茶やお茶などのペットボトル飲料でも構いませんし、コーンスープなどの缶入りのものでも構いません。お湯が準備できるようであればカップタイプの味噌汁なども良いと思います。温かい食べ物、飲み物は体を中から温めるため、ウォームアップの効率がよくなることも期待できます。

 補食というと「プロテイン」が頭に浮かんでくることも多いと思いますが、自分の食事を見直し、必要なエネルギー源や栄養素をまず食事や補食からとるようにしてみてくださいね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
息を吐いてコンディションを整える 【ニュース - コラム】
第261回 息を吐いてコンディションを整える【セルフコンディショニングのススメ】
できることをコツコツ積み上げよう 【ニュース - ヘルスニュース】
第260回 自主練習と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第259回 筋肉をつけるとスピードが落ちるという誤解【セルフコンディショニングのススメ】
第258回 反復練習による疲労骨折を未然に防ぐ【セルフコンディショニングのススメ】
第257回 足首の捻挫について理解しよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る