野球の守備では足の運びをスムーズにすることで、エラーを少なくすることが求められます。フットワークドリルなど足の運びを重視した練習方法などもありますが、細かい足の動きはどのようにすれば鍛えることができるのでしょうか。

 ボールを捕球する時は、まず視覚による情報によって体が反応することになります。打球がどの方向に飛んでくるのかを瞬時に判断し、それに合わせて体を左右前後へと動かします。ボールまでの加速・減速がスムーズに行えるように細かな足の運びを意識してみましょう。特に減速がうまくいかないと頭が前のめりになってしまい、捕球時にボールから目が離れてしまってエラーをしやすくなってしまいます。

 加速する時は体を前傾させ、かかとをやや浮かせ気味で移動し、減速する時はかかとを地面につけて重心をやや後ろにするとスピードをコントロールすることが可能です。捕球姿勢が腰高にならないように注意し、目線の位置がぶれないように低い姿勢を維持しながら動くことも大切です。

 このようなフットワークドリルはウォームアップの時に取り入れやすいと思います。いつもは笛や掛け声など聴覚(音)によってスタートを切っている場合は、視覚による合図も織り交ぜながら行うと良い刺激となります。またフットワークを鍛えるためにラダーやコーン、ラインを引いた状態などで切り返し動作を行うときは、顔を上げた状態で行うようにしましょう。

 どうしても足元が気になってしまいますが、下を向いたプレーはボールを見ないでプレーしていることと同じです。顔を上げた状態を維持し、足元を見ないで細かい動きができるようにウォームアップやフットワークドリルを活用して繰り返し行うことがフットワーク向上につながると言えるでしょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!