「食欲の秋」到来!果物をプラスする食生活を目指そう

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.29

糖質やビタミンCが豊富な果物は、秋に旬を迎えるものが多い。

 よく「食欲の秋」と言われますが、この時期はおいしい旬の食品が多く出回ります。特に秋に旬を迎える果物が豊富です。アスリートにとって果物はエネルギー源としての糖質補給をはじめ、体調管理に欠かせないビタミンC、筋肉のけいれん予防につながるカリウムなどのミネラル分を含むものもあり、上手に摂りたいところ。ところが近年、アスリートのみならず多くの日本人が果物を食べる習慣が減ってきていることがわかっています。

 厚生労働省による「国民健康・栄養調査」(平成30年)によると、1日あたりの果物摂取量は、高校生年代である15~19歳の平均は68.7g、中学生年代である7~14歳の平均は74.3gという調査結果になっています。野菜はコンディション管理の面からも意識して食べるようにしていても、果物は皮を向くのが面倒であったり、野菜に比べて高価であったりというところで食べる機会が減っているのかもしれません。

 一方で厚生労働省と農林水産省が共同で策定した「食事バランスガイド」によると、果物は1日200g(可食部150g)を目安として摂取することを勧めています。このことから推奨される摂取量と実際の摂取量にはかなりの開きがあると言えるでしょう。200gの目安としてはみかん2個分、りんごや梨1個、柿や桃(大きさにもよりますが)2個、ぶどう一房、バナナ2?3本程度を1日でとるようにすると、推奨摂取量をクリアできます。

 果物はアスリートにとっても手軽に取りやすいエネルギー源として活用しやすく、朝食時や試合時の補食などに摂取することでコンディションを整えたり、パフォーマンスアップにつながったりといったことが期待できます。多くの果物が火を使わず生で食べられるものであり、壊れやすいビタミンCなどは果物からだと摂取しやすいですね。疲労回復や心身へのストレスに対するリフレッシュ効果も期待できることから、食生活を見直してぜひ果物のある食事を心がけてみましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
ひねり動作とわき腹のケガ 【ニュース - ヘルスニュース】
投球フォームと上腕二頭筋長頭腱炎 【ニュース - ヘルスニュース】
第255回 野球に必要なトレーニングを再確認【セルフコンディショニングのススメ】
第254回 体の安定性と求められる身体的な要素【セルフコンディショニングのススメ】
第253回 体を支える脊柱の働きと腰痛【セルフコンディショニングのススメ】
第252回 練習と同じくらい大切な休養の話【セルフコンディショニングのススメ】
第251回 静的ストレッチはパフォーマンスに影響する?【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る