ウォームアップを全力で行うと疲れる?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.17

力を出し切って準備するというウォームアップの目的を忘れないようにしよう

 練習前に行うウォームアップの重要性は指導者をはじめ、選手の皆さんもよく知っていることと思います。ウォームアップなしで全体練習に入ることは、ケガのリスクを高めるばかりですし、実際にウォームアップが不十分なまま練習に参加して、肩や肘を痛めた経験のある選手も少なくないのではないでしょうか。とはいえ「ウォームアップだけで体がヘトヘトになってしまう」「全力で行うと疲れるのですが…」といった話を耳にすることもあります。まずはウォームアップがもつ本来の目的をしっかり再確認しましょう。

 ウォームアップは野球のメイン練習を行う時によりよいパフォーマンスで行えるようにすること、そして体に大きな負荷がかかったときにもケガを予防できるように準備することを目的としています。具体的にはジョギング、ストレッチなどで体温・筋温を上昇させて体の柔軟性を高めることや、心拍数と呼吸数を高めて循環器系の組織を刺激して血流をよくすること、ドリルなどで神経の働きをよくして目や耳、皮膚などの感覚器から得られる情報をうまく動作につなげられるようにすること、そしてメンタル面での準備として精神的なゆとりを持たせることなどが挙げられます。

 ところが運動量や運動強度がうまくコントロールできないと選手たちは「ウォームアップを行うだけで疲れてしまうから、体力の温存をしよう」ということにもなりかねません。ウォームアップとフィジカルトレーニングを組み合わせて行うケースもあると思いますが、どこまでがウォームアップで、どこからが競技に即したフィジカルトレーニングなのかを明確にすることが大切です。持っている体力を最大限に引き出すために行うはずのウォームアップが、体力を消耗させるだけのものになってしまっては本末転倒です。

 特にウォームアップ終盤ではダッシュなど、しっかりと自分の持てる力を発揮して全力で行うことが求められます。最大限の力発揮を行わないまま「本番では全力でやるから」と力を抜いてしまっては、本番においても全力を発揮することはむずかしいものです。今もてる力を出し切って準備するということを忘れずにウォームアップを行うようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
足首の硬さとスプリント能力 【ニュース - ヘルスニュース】
夏のコンディションを支える食事 【ニュース - ヘルスニュース】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第244回 心拍数とランニング強度を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第243回 日常生活のマネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第242回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
東都三部から出直しする東農大。今年は全学年に逸材揃う
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る