甘いものとのつきあい方

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.20

和菓子に分類されるカステラは手軽な補食としてもオススメ

 野球選手に限らずですが、「甘いもの=スイーツ」とのつきあい方はなかなかむずかしいものがあります。わかってはいるけど、どうしても食べたくなる、飲みたくなるという場合がありますよね。ところがスイーツには高カロリーのものが多く、食べすぎると余剰カロリーを体脂肪として蓄えるため、体重増加に直結してしまいます。さらに糖分だけではなく、脂質や食品添加物を過剰にとってしまう心配もあります。

 お菓子などの間食によって、本来の食事量が減ってしまったり、糖質に偏った栄養摂取になってしまったりすると、体に必要なその他の栄養素が不足することが懸念されます。糖質はエネルギー源として体に取り込まれますが、糖質をエネルギーに変換するためにはビタミンB1が不可欠です。ビタミンB1は疲労回復に役立つビタミンといわれており、これが不足すると、体のコンディションがなかなか改善しないということにもなりかねません。

 一方、栄養バランスに偏りがないように食事をした上で、さらに間食として甘いものをとる習慣を続けると、総摂取カロリーが過剰となりやすく、やはり体脂肪が蓄積されてしまうということになります。

 どうしても甘いものが食べたいという場合はタイミングや量などを考慮して食べるようにしましょう。朝食はエネルギー源の確保として糖質をとることが必要不可欠であり、このタイミングでのスイーツは許容範囲内に収まることもあります。パンケーキにフルーツをのせて食べるようにしたり、どら焼きやカステラなど和菓子を中心にカロリーが抑えられたものを選んだりといった工夫をしてみましょう。

 また練習前後の補食では、食事に影響しない程度のスイーツをとることもできると思います。あくまで食事の「つなぎ」としての役割をもちつつ、エネルギー源も確保できるものであればいいですね。

「アスリートだからまったく甘いものを食べてはいけない」と食べることを制限してしまうと、かえってストレスがたまってしまうことになります。甘いものは「たまのご褒美」程度にとどめることが基本ですが、体を動かすエネルギー源としても上手に活用したいですね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
肩の力を抜こう 【ニュース - ヘルスニュース】
段階的に練習すべし!部活動再開に向けての注意点を考えてみよう! 【ニュース - コラム】
第241回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
仙台育英、盛岡大付が初戦突破!【春季東北大会・6日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る