体幹は安定性と可動性を考える

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.17

体幹は強化だけではなく、しなやかな動きのためのストレッチも忘れずに行おう

 一昔前はサマーボディを意識したベンチプレスなどを好んで行う選手も見かけましたが、ここ最近は野球のプレーに活かすためのトレーニングとして、上半身だけではなく、下半身や体幹なども鍛えることが多くなりました。特に野球は足を地面について行うプレーが多いため、地面からもらう力(床反力)を上手に利用することで、自分の筋力にプラスしてより大きなパワーを発揮することにつながります。

 その中で、特に体の中心部となる体幹を鍛えることはコアトレーニングとも呼ばれ、著名なプロ選手が積極的に導入していることでも話題となりました。腹筋・背筋などを中心とした体幹トレーニングを日頃から取り入れているチームも多いと思います。

 体幹部分は姿勢の維持や、動きを支える土台、そして運動軸としての役割を担います。体幹部分が弱く頼りないと、姿勢が崩れることによって投球フォームが乱れたり、運動軸がふらつくことで自分が思ったような動作と実際の動作にズレが見られるようになります。体幹は野球選手のみならずスポーツや運動動作において重要な役割を果たすので、弱い体幹を強くするために腹筋・背筋などを中心に強化することになります。

 腹筋では表面的な腹直筋だけではなく、体をひねるときに主に働く腹斜筋やさらにその深層に位置する腹横筋など、呼吸とも関連しながらトレーニングを行います。体幹部分の筋力が高まると、体幹の安定性が増すことになります。

 そしてもう一つ考えなければならないのが体幹の可動性です。柔軟性といってもいいと思います。体幹の筋群を強化し、安定性が増したとしてもそれがスムーズな動きを妨げるようであれば、野球のパフォーマンス向上には結びつきません。体幹を鍛える、強化することはもちろん大切なことですが、それと同時にしなやかな動きを実現させるための可動性を意識したエクササイズを選ぶ必要があります。

 皆さんがよりわかりやすいのは体幹部分のストレッチではないでしょうか。体を前後屈させたり、回旋動作を行ったり。肩甲骨の動きも含めて体幹部分をよりしなやかに動かすためにも、体幹の強化とともに可動性を高めるためのストレッチなどをぜひ意識して行いましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
肩の力を抜こう 【ニュース - ヘルスニュース】
段階的に練習すべし!部活動再開に向けての注意点を考えてみよう! 【ニュース - コラム】
第241回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
仙台育英、盛岡大付が初戦突破!【春季東北大会・6日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る