野球選手は気を付けたい「ぎっくり腰になりやすい姿勢」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.25

ぎっくり腰になりやすい姿勢とは?

 運動中や日常生活の中でふいに動いた一瞬に、突然腰に激痛が起こって立っていられなくなることがあります。急に痛みが発生するものを急性腰痛症と呼びますが、ぎっくり腰は何の前触れもなく「グキッ」とした衝撃とともに激しい痛みが腰背部を中心に起こります。スイング動作などプレー中に起こることもありますが、ぎっくり腰の多くは普段の何気ない動作、例えば朝、起きようとしたときや椅子に座った状態から立ち上がるとき、ボールを拾おうとしたときなどに起こります。

ぎっくり腰を予防するためにはまず普段の姿勢を見直してみましょう。背中が丸まった状態で座っていたり、前屈みでスマホやパソコンの画面をのぞいている姿勢を長く続けていると、体を支える背骨にはより大きな負荷がかかってしまいます。そこにさらに腰椎に負担のかかる動作(腰を曲げる、急にのけぞる、体をひねらせるなど)が加わると急に大きな外力が一点に集中してしまい、痛みを引き起こすと考えられています。

特に床にある物を持ち上げようとするときに、背中を丸め、腰から折り曲げるような姿勢をとるのではなく、股関節も一緒に軽く曲げるようにするだけでも腰椎への負担が軽くなります。また物をとるときは遠くにあるものを手を伸ばしてとるのではなく、なるべく自分の体を近づけることや、足幅を少し広げるようにすることも意識してみましょう。ぎっくり腰は何気ない動作の中にリスクがひそんでいます。

普段からできるコンディショニングとしては腰椎への負担を減らすための体幹部分の強化や腹筋・背筋とのバランス、腰背部、お尻まわり、股関節周辺部や下肢全体の柔軟性を高めることも大切です。ぎっくり腰になってしまうと数日は思うように体を動かせないことが多いため、日頃から腰背部に不安のある選手は特にこうしたことを意識して身体のケアをするように心がけてくださいね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
肩の力を抜こう 【ニュース - ヘルスニュース】
段階的に練習すべし!部活動再開に向けての注意点を考えてみよう! 【ニュース - コラム】
第241回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
圧倒的な活躍を見せた菊池雄星(花巻東出身) 過去5年の西武の開幕投手たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る