アジリティトレーニングを行うとき

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.21

アジリティトレーニングを行う時は「顔を上げて」「腕を振る」ことも忘れずに

 アジリティトレーニングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。アジリティとは「敏捷性」のことを指し、動作の素早さや体を自在にコントロールする能力を向上させるためのトレーニングなどがアジリティトレーニングと位置づけられています。皆さんが想像するところではラダーやミニハードル、コーンなどをつかったトレーニングや、バランスディスクなどを使ったものなどが思い浮かぶでしょうか。こうした用具があれば実施しやすいですが、もしこのような用具が揃わなくても、工夫次第でアジリティトレーニングを行うことはもちろん可能です。アジリティトレーニングを実施するときに気をつけておきたいポイントを紹介します。

●十分にウォームアップを行う
 練習全般に言えることですが、特にアジリティトレーニングを行う際は体の位置をコントロールし、方向転換をしたり、大きな力を素早く発揮したりする場面が多く見られます。ウォームアップ不足のままこのようなトレーニングを行うと、下肢を中心にケガをしやすくなります。メインのトレーニングまでに筋温を上げ、関節や筋肉の柔軟性を高めてから行うようにしましょう。また疲労がたまった状態で行うよりは、体がフレッシュな練習開始直後や、ウォームアップから引き続いてアジリティトレーニングを行うほうが、敏捷性の向上にはより適しています。

●顔を上げて行う
 ラダーやミニハードルの場合はどうしても足元を見てしまいがちですが、背中を丸めた姿勢では良いパフォーマンスは発揮できません。なるべく顔を上げて姿勢良く行うことを心がけましょう。ラダーの足元が気になる場合は真下を見るのではなく、少し前方のラダーを確認しながら行うと顔を上げることができると思います。スピードも最初は自分のできるペースから始め、慣れてきたら少しずつスピードを上げるようにすると良いでしょう。

●腕も動かそう
 下肢の動きにとらわれてしまい、上肢がかたまったような状態でアジリティトレーニングをしている選手を見かけることがあります。視線とともに腕の振りを下肢と連動させるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
目に負担のかかる習慣をしていませんか 【ニュース - ヘルスニュース】
短時間でできるHIITとは 【ニュース - ヘルスニュース】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自重トレーニングの強度を変える【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る