膝の半月板の役割

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.14

膝にある半月板は下肢の複雑な動きを制御し、クッション的な役割を果たす

 膝のケガには骨折などの骨に問題があるもの、骨と骨をつなぐ靱帯が傷んだもの、軟骨が傷んだもの、そして膝関節にある半月板が傷んだものが挙げられます。

 野球の動作には急激に走ったり、止まったりする動作や切り返し動作などが多く、そこにひねり動作が加わると膝を傷めてしまうことがあります。その多くは膝関節にある半月板と同時に、前十字靱帯や内側側副靱帯といった靱帯とともに傷めることが多いと言われています。

 膝の半月板という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、どのような役割を持っているのでしょうか。太ももにある大腿骨とすねの骨である脛骨(けいこつ)の間にある三日月に近い形(C型)をした繊維軟骨で内側と外側にそれぞれ存在します。

 骨と骨の間に何もない状態だと荷重がかかるだけでも骨同士がぶつかりあい、ランニングやジャンプ動作では大きな衝撃が加わってしまいますが、この間に半月板が存在することでクッション的な役割を果たしています。また半月板は膝関節の複雑な動きをコントロールし、過度な動作を制御するスタビライザー(動揺を抑える)のような役割もあります。

 半月板はプレー中に膝をひねったりすると傷めることがあり、膝の曲げ伸ばしに痛みやひっかかりを伴うことがあります。わかりやすい兆候の一つには膝がある一定の角度で急に動かなくなる「ロッキング」があります。

 膝をひねった状態(いわゆる捻挫)によって起こることが多いため、膝関節の中に「水(関節液)がたまる」「関節内で出血がおこり、血液を含んだ水がたまる」といったことも起こります。

 半月板損傷は急性のスポーツ外傷だけではなく、荷重などによって少しずつ痛みが増すといった慢性的なスポーツ障害としても起こることがあります。膝に違和感や痛み、日常的な動作に支障が出るといった場合は早めに医療機関を受診し、医師の診察を受けて適切な対応をとるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
活性酵素を増えすぎを防ぐには 【ニュース - コラム】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
果物を食べて体のメンテナンス 【ニュース - ヘルスニュース】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自重トレーニングの強度を変える【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自宅でできる新年に向けたスタートダッシュ【セルフコンディショニングのススメ】
第234回 専門種目外のスポーツを取り入れよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【愛媛】秋季県大会決勝!西条が5年ぶりの優勝を果たす!
次の記事:
総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る