トレーニング中のケガを防ごう

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.28

重いものを持ち上げるときは「体の近くで」「膝を曲げて」持ち上げること

 オフシーズンを中心に行われることの多いウエイトトレーニング、フィジカルトレーニングですが、なぜこれを行っているのか明確に説明することができますか?「体づくり」という一言で集約されてしまいがちですが、大きなパワーを発揮するためには大きな力が必要になるということ(パワー=力×スピード)、そして大きな力をつけるためにはより筋肉量を増やす、筋力をアップさせることが必要となってくるからです。

 野球の練習だけを行っていては野球に必要な体力要素が効率よく強化できないという側面もあります。パフォーマンスアップとともに野球によるケガを予防するためにもトレーニングは必要不可欠なものと考えられるでしょう。

 トレーニングは技術力アップに欠かせない「ショートカット(近道)」ともいえますが、一方でトレーニング中にケガが発生することは避けなければなりません。野球が上手くなるための手段でケガをしてしまっては「本末転倒」。安全にトレーニングを進める上でも気をつけておきたいことを確認しておきましょう。

●運動の総量が多すぎないか
技術練習でヘトヘトになってからさらにトレーニングを行うという場合、疲労の蓄積などを考慮すると筋力向上を目指すというよりは、筋力維持が精一杯というケースも考えられます。体に対するストレス(負荷)が多すぎると、正しいフォームや姿勢を維持できなくなり、バランスが崩れてケガをしやすくなります。重い重量を挙げようとムリをすることもまたケガを誘発しやすくなります。扱える重量をきちんと把握した上で、少しずつ挙げていくようにしましょう。

●ダンベルの扱いに気をつけよう
床に置いてあるダンベルを不用意に持ち上げると、腰を痛めてしまうことがあります(ぎっくり腰など)。重いものを持ち上げるときは背中を丸めた状態ではなく、体の近くに寄せ、膝を曲げてから持ち上げるようにしましょう。

●限界まで追い込むときは必ずサポートをつけよう
トレーニングプログラムの中で挙がるか挙がらないかギリギリの重量にチャレンジすることがあると思いますが、こうした場合には必ずサポートをしてもらうようにしましょう。重量に耐えきれずにつぶれてしまった場合、ダンベルやバーベルを落下させてケガをしたり、関節などを痛めたりすることが考えられます。正しいフォームをチェックしてもらうためにも、トレーニングパートナーがいると安心です。

 この他にも環境整備や安全面での配慮が不可欠です。トレーニングでケガをしないためにもこうしたことに注意をしながら行うようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
セロトニンを意識した食事 【ニュース - ヘルスニュース】
活性酵素を増えすぎを防ぐには 【ニュース - コラム】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自重トレーニングの強度を変える【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自宅でできる新年に向けたスタートダッシュ【セルフコンディショニングのススメ】
第234回 専門種目外のスポーツを取り入れよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
地区予選終了!川越東、ふじみ野が県大会出場決定!【17日の結果・埼玉県地区予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る