今、知りたい!イップスを乗り越えるための3ステップ!【殖栗正登のイップス克服DVD】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.11

 イップスという恐怖を乗り越えて、さらにレベルアップをしたい。そんな球児のために、長年イップス治療に携わり、多くのプレイヤーのイップスを克服してきたスポーツトレーナー・殖栗 正登氏によるDVDをご紹介いたします。このDVDでは、イップス克服のために必要な身体の知識をわかりやすく解説し、本来診療所でしか見られない具体的な改善方法を紹介しています。

殖栗正登トレーナーからの熱いメッセージ!!

 殖栗正登トレーナーからの熱いメッセージ!

 こんにちは!殖栗 正登です!このDVDは、高校野球ドットコムの【殖栗正登のベースボール&リコンディショニング】でイップスの記事を書いた時に反響をいただき、制作されたDVDです!

 イップスになる選手は、理論的な考えの選手が多いのが特徴です。頭でなぜ投げられないかを理解しないと前に進めない。なので私はまず、投げる球の軌道に合わせて、なぜそこにボールがいくのかを説明します。

<第1段階>
接地した時の腕の位置、肩の外転、水平外転、凱旋で肩をあげてくれること→『T』の形

<第2段階>
最大外旋時、肩、肘を90度屈曲位にすること→『コ』の形

<第3段階>
『身体の回転を使い遠心力でスローイング』

 この3ステップを経て腕の力を使わないで投げるフォームの作り方を紹介しています。

 イップスはどうしても腕が緊張していますから、いかに腕以外の力で投げるかが改善のポイントです。詳しい内容は全てDVDに収めてありますので、是非ともDVDを見てイップスを乗り越え、グラウンドで輝いてください!!


【関連記事】
声だけで木更津総合のベンチに入った男・比護涼真(現・関東学園大)の魅力 【ニュース - コラム】
「土台」から「正しい指導」への基本原則 殖栗 正登トレーナーが指導者講習会で説いた事 【ニュース - コラム】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第133回 バッティングメカニズムvol.1 バッティングは3つの回転軸で成り立っている!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第7回 しっかりひっかくことができたら後は「ポン」【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第6回 引っ掻いて、丸描いて、ポン投げの「丸描いて」の部分は耳の裏で描く!【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第5回 155キロプロジェクト第5弾!選手がスキル化していることをフォームに落とし込む【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
第250回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.1 【2015年インタビュー】
第34回 ボディバランス整体院 院長 殖栗 正登先生 【2009年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
加藤学園、秋田中央など。早期敗退となった実力校たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る