エネルギー不足になっていませんか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.12

高校野球選手の体を維持するためには多くのエネルギーが必要となることを理解しよう

 毎日の食事は生命を維持するという目的とともに、アスリートにとっては体づくりに大きく貢献します。皆さんも練習やトレーニング後に筋肉のもととなるタンパク質をより多く摂っていたり、中にはプロテインを準備していたりするかもしれませんが、体を維持し、動くためのエネルギー量は確保出来ているでしょうか。成長段階にある皆さんがより野球が上手くなり、ケガを防ぐためにはエネルギー量が必要となってきます。これを大きく3つに分けて考えてみましょう。

1)体を維持するためのエネルギー
 私たちは寝ている間にも心臓をはじめとする臓器を動かし、体温を保つためにエネルギーを必要とします。何もしない状態でも必要なエネルギーを基礎代謝と呼びます。基礎代謝は計算式によって参考数値を算出することが可能です。15〜17歳の基礎代謝基準値(係数)は27.0、18〜29歳は24.0です。これに自分の体重をかけたものがおよその基礎代謝量になります。15歳で60kgの選手であれば、27.0×60=約1620kcalとなります。

2)練習など体を動かすためのエネルギー
 1日に必要なエネルギー量は「基礎代謝量×身体活動レベル」で計算することができます。身体活動レベルは3段階に分けられますが、アスリートなど日頃からスポーツをしている場合は「身体活動レベルⅢ」に分類されます。15〜17歳の係数は1.95、18〜29歳は2.00ですので、計算式に当てはめてみると1620×1.95=約3160kcalが1日に必要なエネルギー量となります。

3)体重を増やすために必要なエネルギー
現状の体重維持ではなく、体を大きくしたいと考える場合はさらにエネルギー量が必要となります。体重を1kg増やすために必要なエネルギー量はおよそ7000kcalです。1ヶ月かけて体重を1kg増やす場合、1日に必要なエネルギー量は233kcalとなり、3160+233=3393kcalが最低でも必要となってきます。1ヶ月に体重を2kg増やす計画を立てると3626kcalとなります。

 これらのエネルギー量を食事で確保出来ているかぜひ計算してみてください。「なかなか体重が増えない…」という選手の多くは必要なエネルギー量が足りていないことも多い印象があります。タンパク質の確保はもちろん大切ですが、糖質:脂質:タンパク質の割合は「6:3:1」を目安とし、特に主なエネルギー源である糖質などもしっかりとれているかどうかを振り返ってみましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
ケガの応急処置をおさらいしよう! 【ニュース - ヘルスニュース】
突き指を予防する3つのポイント 【ニュース - ヘルスニュース】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第244回 心拍数とランニング強度を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第243回 日常生活のマネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第242回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
札幌大谷vs米子東【第91回選抜高等学校野球大会】
福岡第一vs久留米商【福岡県 2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球福岡大会】
郁文館vs都立久留米西【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
米子東vs市立呉【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

次の記事:
夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州(大阪)の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る