今一度確認しておきたい「サプリメント」と「ドーピング」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.08

食品は全ての成分を表示しているわけではないので、そのサプリメントは必要かどうか改めて考えよう

 先日プロ野球選手が使用しているサプリメントに微量のドーピング禁止物質が混入していたことが発表されました。こうした物質をとったからといって即座に健康を害するものではありませんが、スポーツの世界ではフェアプレーを守るために、必要以上に競技力を高める薬や方法(=ドーピング)を禁止しています。ドーピングをしてはいけない理由をおさらいしておきましょう。

《なぜドーピングをしてはいけないのか》
1)フェアなスポーツ精神に反し、スポーツの価値を損ねる
2)選手の健康を害する
3)社会的に悪影響をもたらす

 同じ舞台に立ったときに薬剤やさまざまな方法を使って不自然に競技力を上げていた選手がいると、公正な競技結果は生まれません。それは勝負を決するスポーツの価値そのものを損ねることになります。さらにはドーピングによって選手自身の健康に悪影響を及ぼすこと、薬剤への抵抗感が減ることによって、将来的に麻薬や覚醒剤を容認しやすくなることなどが問題として挙げられます。そしてこれは故意的かどうかに関わらず制裁の対象となります。

 医薬品は法律で成分表示を行うことが義務づけられていますので、服用前に医師や薬剤師、検索サイトなどで確認し「うっかりドーピング」を防ぐことができますが、サプリメントに関しては食品に分類されるため主な成分表示のみにとどまり、すべての成分が表示されるわけではないことを覚えておきましょう。表示されていない成分に禁止物質が入っていた…というケースも考えられます。栄養ドリンクなども同じく食品に分類されるため、同じようにドーピング違反になるリスクが存在します。そしてこうしたドーピング違反の責任は製造元や販売店ではなく、アスリートの自己責任になります。

 ドーピング検査を受ける一部のアスリートだけが気をつけるべきものではなく、スポーツを行うすべての選手がスポーツの価値を守るために取り組まなければいけないアンチ・ドーピング活動。サプリメントにはドーピング違反になるリスクがあり、それを摂った場合の責任は自分にあることを自覚しましょう。その上でサプリメントは本当に必要なものなのか、食生活から見直すように大切です。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
スポーツをするうえで理解しておきたい、運動連鎖とエクササイズの種類 【ニュース - コラム】
第227回 運動連鎖とエクササイズの種類【セルフコンディショニングのススメ】
お酢を上手に活用しよう 【ニュース - その他】
第223回 運動後の内臓疲労をカバーしよう【セルフコンディショニングのススメ】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
春日部共栄、川口市立が接戦を制する!地区予選2試合を徹底レポート!【埼玉大会】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る