関節のゆるみとケガのリスク

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.01

関節弛緩性テストの7項目をチェックしてみよう

 体の柔軟性が低下するとケガのリスクが高くなることはよく知られていますが、一方で体が柔らかすぎることでもケガのリスクにつながることがあります。これは筋肉などの柔らかさというよりも、関節がグラグラするようなゆるみを持っている場合に起こりやすいと考えられます。関節のゆるみは、ケガをきっかけとして骨と骨をつなぐ靱帯の強度が弱くなって起こるものと、生まれつき関節可動域(関節の動く範囲)が他人よりも極端に大きいことが原因となるものとがあります。

 もともと関節にゆるみがあるかどうかを確認するセルフチェック(関節弛緩性テスト)を行ってみましょう。鏡などを使うと自宅で一人でも簡単にできます。

 《関節弛緩性テスト》
1)母指が前腕につく
2)肘が15°以上過伸展する(肘が反り返る)
3)背中の後ろで指が組める(挙げた方の腕を測定側とする)
4)膝が10°以上過伸展する(膝が反り返る)
5)膝を曲げて足首が45°以上背屈する
6)前屈で手のひらが床につく
7)踵と膝をつけて足のつま先が180°以上開く

 できるものには1点、片側のみができるものは0.5点(1~5)とし、合計点数を出します。満点は7点です。

 この中で3点以上ある場合は、関節弛緩性があると判定しますが、女子アスリートや特に柔軟性が求められる競技(たとえば体操、バレエなど)はやや高くなる傾向にあります。6点以上の場合は関節の不安定性を軽減するために患部のトレーニングを行ったり、必要に応じて装具などを準備したりすることも検討しましょう。一方点数が低い場合(0点、1点)は関節周辺部にある筋肉などの柔軟性が低下していることが考えられるため、入念にストレッチを行うことがケガ予防につながります。

 またケガによって関節のゆるみを生じるものには、肩関節脱臼後のルーズショルダーや、足関節捻挫後の足首の不安定性、また投球側の肘を痛めてしまい、靱帯を損傷するタイプの野球肘などがあります。このような状態のままプレーを続けると、ケガを再発しやすくなるばかりではなく、プレーそのものも十分にできないといったことが起こりますので、関節のグラグラ感が改善しない場合は早めに専門家に相談するようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
第227回 運動連鎖とエクササイズの種類【セルフコンディショニングのススメ】
お酢を上手に活用しよう 【ニュース - その他】
体の抵抗力と疲労マネジメント 【ニュース - その他】
第223回 運動後の内臓疲労をカバーしよう【セルフコンディショニングのススメ】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
春日部共栄、川口市立が接戦を制する!地区予選2試合を徹底レポート!【埼玉大会】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る