痛みをどこまで我慢するのか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.28

 野球選手であれば誰もが一度は体のどこかを傷めたり、痛みを感じたりしたことがあると思います。プレーに支障をきたすような明らかなケガであれば、病院を受診して医師の診察を受けることになると思いますが、「痛みや違和感はあるけどプレーができる」という場合は、その痛みなどをどこまで我慢するのか判断に迷うところではないでしょうか。中には「半年前からずっと痛みがあります」という選手がいることもあります。どのタイミングで病院を受診すれば良いのか、判断の目安となるものについて考えてみましょう。

●急性外傷は基本的に病院を受診する
 明らかな原因があってケガをした場合は基本的に病院を受診します。ベースを踏み損なって捻挫をしてしまった、手をついてしまって手首をひねってしまった、デッドボールが当たってプレー続行が不可能になったといったケースです。アクシデント的に起こったケガのことを急性外傷と呼びますが、こうしたケガは初期対応が非常に大切になります。患部を動かさないようにしてアイシングを行うことは、腫れなどの炎症症状が拡がらないようにするためにぜひ行うようにしましょう。炎症症状は48〜72時間(2〜3日間)続くと言われています。この期間をすぎると一般的には痛みなどの症状はやわらぐことが多くなりますので、打撲などでアイシングを行い、大きな腫れなどが見られない場合は2〜3日様子をみることもあります。

●痛みが悪化しているのか、軽くなっているのか
 プレーできる痛みや違和感はその症状が悪化しているのか、軽くなっているのかもしっかりと把握しておく必要があります。時間の経過とともに症状が悪化している場合は、すみやかに医療機関を受診するようにしましょう。これとは反対に日を追うごとに症状がやわらいでいる場合は、患部や患部外のコンディションを整えながら競技復帰に向けて準備していくようにします。長期間(1ヶ月以上)にわたって痛みがかわらない場合や、痛みの原因がハッキリしない場合などは、原因をしっかりと確認し、それに対してできる治療やコンディショニングを知るためにも医療機関を受診するようにしましょう。「プレーができるから」とその状態を放置するのではなく、よりコンディションを良い状態にし、パフォーマンスを改善させるためにも医師やトレーナー、フィジカルコーチなどのアドバイスを受けることは大切です。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
スポーツをするうえで理解しておきたい、運動連鎖とエクササイズの種類 【ニュース - コラム】
第227回 運動連鎖とエクササイズの種類【セルフコンディショニングのススメ】
お酢を上手に活用しよう 【ニュース - その他】
第223回 運動後の内臓疲労をカバーしよう【セルフコンディショニングのススメ】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
春日部共栄、川口市立が接戦を制する!地区予選2試合を徹底レポート!【埼玉大会】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る