「最も力を発揮しやすい姿勢」パワーポジションを意識する

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.25

ランナーの構えもすぐに動き出せるパワーポジションを意識しよう

 パワーポジションという言葉を聞いたことはありますか? 一般的には「最も力を発揮しやすい姿勢」のことを指し、止まった状態からすぐに前後・左右への素早い動きを可能にするための構えのことをいいます。パワーポジションの姿勢で準備すると、瞬時に動き出すことができるため、野球に限らずさまざまなスポーツの基本姿勢として知られています。

 《一般的なパワーポジション》
・肩幅よりもやや広めの立ち位置をとり、つま先は中間位(ニュートラル)もしくはやや外向き
・軽く膝を曲げ、重心の位置を下げる
・つま先よりも膝が前に出ないようにする(足の中心部もしくはやや前方に重心がくるように)
・背中を丸めずまっすぐに保ち、顔は正面、視線は前方へ

 この姿勢はスクワット動作と同じものです。スクワットではただ単に膝を曲げるだけではなく、股関節を曲げて骨盤が中間位(ニュートラル)になるような姿勢を保って重心位置を下げるようにしゃがみますが、パワーポジションはスクワット動作によって習得することができます。しゃがんで重心位置が下がった状態は姿勢の安定につながりますし、素早い動きを生み出すためには重心が「かかと寄り」ではなく「中心、もしくはやや前方」にあることが大切です。足幅は広げた方がより安定しますが、動きやすさを考慮すると、その場で自然にジャンプできる程度の足幅くらいが目安といえるでしょう。

 また体幹の強さもパワーポジションには必要です。その場ジャンプを繰り返して背中が丸まってしまわないか、左右に体幹がぶれたりしないかを確認してみましょう。体幹が弱いと地面から受けた力を上手く伝達することができず、「力のロス」を生みだしてしまうからです。スクワットが「エクササイズの王様」と呼ばれるのは、スポーツの基本姿勢であるパワーポジションにつながることとも関係しているのかもしれませんね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

~関連記事はこちらから~
受動握力と指の力を鍛える
投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン
野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き
トレーニングで技術力を上げるためには

【関連記事】
ヒトの体は左右非対称! 【ニュース - その他】
スクワットをすると腰が痛くなるとき 【ニュース - その他】
第234回 オフシーズン中に見直したい!「肩のゆるみ」や「肩の不安感」【セルフコンディショニングのススメ】
第233回 腰痛と体幹トレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第232回 トレーニングの習慣と年間計画【セルフコンディショニングのススメ】
第231回 運動連鎖とエクササイズの種類【セルフコンディショニングのススメ】
第230回 運動後の内臓疲労をカバーしよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
光、宇部鴻城を下し優勝!【山口県1年生大会・18日の結果】
次の記事:
ケガからの回復時と食事のバランス
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る