肘が適切に伸びない原因と適切なケア

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.27

筋肉の疲労によって肘が伸びなくなったときは上腕三頭筋をほぐしてみよう

 投球動作を続けていると肩や肘に痛みを覚えることがあると思います。肘がしっかりと伸びなくなったという経験をしたことのある選手もいるのではないでしょうか。このような状態で投げ続けると大きなケガにつながってしまいますが、気づいたときに肘に負担がかからないように適切なケアを行うようにしましょう。肘が適切に伸びない原因とその対応についてまとめておきます。

●肘関節に炎症がある→ノースローでアイシングを行う
 肘に痛みがあって肘関節の曲げ伸ばしが十分にできないというケースがあります。これは主に投球過多などによって起こりますが、肘に負担のかかるフォームで投げている時も肘関節に大きなストレスが加わりやすいと考えられます。投げている最中や、投げ終わった後に熱感をもってジンジンするような痛みがある場合は、必ず患部を氷などで冷やし、痛みがおさまるまではノースローで様子をみるようにします。繰り返し痛みが出る場合は一度病院で診察を受けるようにしましょう。

●筋肉が疲労して伸びなくなる→上腕三頭筋をほぐす
 主に筋疲労によって柔軟性が低下すると肘が十分に伸びなくなることがあります。このときは上腕部の裏側にある上腕三頭筋をストレッチしたり、自分で肘の裏側を軽くほぐすようにすると筋肉の柔軟性が改善して、肘が伸びるようになります。張っているなと思うような部分を中心に上腕部から肩の後方にかけてほぐすようにしてみましょう。お風呂上がりなど体が温まった状態で行うとより筋肉は伸びやすくなります。

●骨にトゲができてしまったとき
 野球を小さい頃から続けていると、骨が牽引ストレス(引っ張られるストレス)によって変形し、肘の裏側に「トゲ」のようなものができることがあります(これを骨棘:こつきょくといいます)。骨棘が大きくなってしまうと肘の可動域に影響を及ぼし、肘が十分に伸ばせなくなることがあります。痛みがない状態であれば、そのまま様子をみることもありますが、プレーに支障を及ぼすような場合は手術でトゲの部分を取り除くこともあります。前々から肘の裏側が痛い、曲げ伸ばしが十分にできないという場合は一度病院でレントゲンを撮り、骨棘がないかどうかを確認し、医師と相談するようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

~関連記事はこちらから~
暑熱馴化とセルフコンディショニング
投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン
手軽にできる夏の暑さ対策
遠征や合宿時のセルフコンディショニング

【関連記事】
セロトニンを意識した食事 【ニュース - ヘルスニュース】
活性酵素を増えすぎを防ぐには 【ニュース - コラム】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自重トレーニングの強度を変える【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自宅でできる新年に向けたスタートダッシュ【セルフコンディショニングのススメ】
第234回 専門種目外のスポーツを取り入れよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
「初戦は苦しかったですね」接戦となった侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る