大学でも日本代表入り!大学球界屈指の韋駄天・丸山和郁(明治大)のバッティングを紹介!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.31

 6月21日(金)から23日(日)まで行われた大学日本代表選考合宿。今回はその中から、2年生にして明治大学の2番・センターに定着した丸山 和郁選手を紹介していく。

 前橋育英高校時代は、3年の夏に出場した甲子園で3試合で8個の盗塁を決め、1大会の最多盗塁タイ記録を達成した丸山。明治大学ではバッティングも磨かれ、2年春のリーグ戦で打率.318の結果を残している。 今回はそんな丸山のバッティングの様子をご覧いただきたい。

あわせて読みたい!
丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる
大学日本代表、本メンバー24名が決定!高校代表、経験者も多数選出!

【関連記事】
ドラフト候補として上位進出なるのか?入江大生が語った目指す投手像 【ニュース - インタビュー】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【ニュース - インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
國學院久我山vs前橋育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第953回 東京大相手に20奪三振の圧巻劇!明治大エース・森下暢仁は熱さの中に冷静さを持ち合わせていた 【2019年インタビュー】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2019年春の大会 群馬県春季大会】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
丸山 和郁(前橋育英) 【選手名鑑】
前橋育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る