熱射病が疑われるときの全身冷却法

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.30

直腸温の測定ができない場合でも、すみやかに体全体を冷却して救急車を待とう。

 夏の時期はチームでも水分・ミネラル分補給や暑さ対策などの熱中症対策を行っていると思いますが、どれだけ対策を行っていても個人のコンディションによっては体調を崩すことはあります。

 熱中症には、めまいや一過性の意識消失などがみられる「熱失神」、ふくらはぎを始め筋肉のけいれんが起こる「熱けいれん」、暑さによって脱力感やめまい、頭痛、吐き気などが起こる「熱疲労」、応答が鈍い、言動がおかしいといった意識障害を伴う「熱射病」と大きく4つに分類されます。特に熱射病では体温が40℃以上を越えるような状態が続き、命に関わる緊急事態となります。熱射病はいかに早く体温を下げることができるかが予後を左右しますので、少しでも意識障害が見られる場合はすぐに救急車を手配し、同時にすみやかに涼しいところに運んで、体全身の冷却を行います。

 最新の日本スポーツ協会の熱中症予防ガイドブック(2019年5月に改訂)では、スポーツ現場の身体冷却法として最も効果的であるとされているのが、氷水に全身を浸して冷却する「氷水浴/冷水浴法」です。バスタブなどが準備できない場合は、水道につないだホースで全身に水をかけ続ける「水道水散布法」を行います。それもむずかしい場合はエアコンを最強に設定した室内に運び、扇風機も併用した上で氷水の洗面器やバケツで濡らしたタオルを準備し、全身を冷やします。太い血管のある頸部、脇の下、脚の付け根などにも氷などをあてて一刻も早く体温を下げるようにします。

 またスポーツ現場での体温測定としては「直腸温」が唯一信頼できる測定とされています。残念ながら腋窩や舌下での体温測定は全身のモニタリングとしては不十分であり、直腸温を約39℃となるまで冷却することが最も大切であるといわれています。ただし、直腸温の測定ができない場合でも、熱射病が疑われる場合には全身の冷却をためらうことなく行います。このときは倒れた人が「寒い」と訴えても続けます。熱射病の救命は、いかに速く(約30分以内に)体温を40℃以下に下げることができるかにかかります。現場で可能な方法を組み合わせて冷却を行い、救急隊の到着を待つようにしましょう。

 参考ページ)熱中症の病型と救急処置(日本スポーツ協会)

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

~関連記事はこちらから~
暑熱馴化とセルフコンディショニング
投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン
手軽にできる夏の暑さ対策
遠征や合宿時のセルフコンディショニング

【関連記事】
手のひらを冷却して深部体温を下げよう 【ニュース - その他】
暑い夜でも熟睡できる睡眠の工夫 【ニュース - その他】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第226回 暑い時期の練習計画とコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 熱中症が疑われるときの応急対応はどうすればいい?【セルフコンディショニングのススメ】
第224回 夏のパフォーマンスを支える飲み物とは【セルフコンディショニングのススメ】
第223回 試合期とトレーニングプログラムの変化【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る