適度な緊張感を維持しよう

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.25

緊張とリラックスのバランスの取れた状態が望ましい。

 大事な試合になると緊張していつもどおりのプレーができなかったり、気がついたらあっという間に試合が終わっていた…という経験をしたことのある選手もいるのではないでしょうか? 緊張は「うまくいかなかったらどうしよう」「失敗したらどうしよう」という不安や恐怖から生まれる反応で、こうした緊張は誰にでも起こるものです。持てる実力を十分に発揮するためには、リラックスしすぎても緊張しすぎてもあまり良くありません。ちょうどいい緊張感を保ちながらプレーに集中できる状態が望ましいと言えるでしょう。

 緊張しているときは自律神経の一つである交感神経が優位に働いています。心臓もドキドキし、呼吸も浅く速くなります。このような状態のときはゆっくりと深呼吸を行いましょう。自分で脈をとってみるとわかるのですが、大きく息を吐きながら脈を測ると心拍が少しゆっくりしてきます。これは副交感神経の作用によって速い心拍を落ち着かせるように働くからです。

 また「打席に立つといつも力んでしまう」という選手は筋肉を一度収縮させて脱力する筋弛緩(きんしかん)法を行ってみましょう。打席に立つ前に肩をすくめるシュラッグ動作を行います。このとき思いっきり力むことがポイントです。3秒ほどキープしたら息をフッと吐いて脱力します。これを2〜3回繰り返すようにすると緊張によって力んでいた体が適度にゆるみます。
 緊張して肩が上がった状態では、プレーそのものにも力が入ってしまい、スムーズな動作を妨げます。車に例えてみるとアクセルを踏みながら(力を出したい)、ブレーキを踏んでいる(力を入れている)ようなもの。インパクトの瞬間に大きな力が発揮できるように、適度にゆるんだ状態から力を出すことを心がけましょう。

 呼吸や筋収縮のパターンによっても緊張をある程度コントロールすることが可能です。誰でも大事な試合になればなるほど実力を発揮したいと思うのは当然のことと言えるでしょう。良い緊張感を保ちながらいつもどおりのプレーができるように、こうした方法があるということもぜひ覚えておきましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
体の抵抗力と疲労マネジメント 【ニュース - その他】
睡眠とパフォーマンスの関係 【ニュース - その他】
第223回 運動後の内臓疲労をカバーしよう【セルフコンディショニングのススメ】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第226回 暑い時期の練習計画とコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
札幌日大、白樺学園が7回コールドで決勝進出を決める!!【秋季北海道大会・12日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る