• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 高校時代からプロ注、最速は148キロ投手も登板!佛教大学が東京ドームの切符を手に!

高校時代からプロ注、最速は148キロ投手も登板!佛教大学が東京ドームの切符を手に!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.14

 昨日(13日)行われた京滋大学野球で、佛教大学2季連続54回目の優勝を果たしました。6月10日に行われる第68回全日本大学野球選手権大会は5年ぶりの出場となります。


 勝ち点3同士。直接対決1勝1敗で、勝った方が優勝となる大一番だった佛教大学と京都先端科学大学(4月に京都学園大学から校名変更)の一戦。

 1回に3点を先制した佛教大学は、2点差に迫られた4回裏に6番・坪倉 斗真捕手(4年・近江)がタイムリーを放って突き放すと、先発した中山 怜央投手(4年・奈良大附)は5回以降をパーフェクトに抑えるナイスピッチング。8回には8番・唐澤 颯選手(3年・近江)がタイムリーを放ち、決定的な1点を追加しました。

 ナインに3回胴上げされた田原完行監督は、「ホッとしました」と第1戦で敗れて後がない状況からの逆転優勝に胸をなでおろしていました。


 さて、田原監督と言えば、五條高校など奈良県で長く監督やコーチとして指導されたベテランの監督さんです。同世代で仲が良い近江の多賀章仁監督もこの日観戦に訪れて試合後に祝福するなど、田原監督を慕う高校の指導者も多く、ドラフト候補にも名が挙がる有力選手が多数入学しています。

 この日完投した中山 怜央投手も高校時代の最速は148キロでプロも数球団注目した逸材ですが、「田原先生に声をかけていただいて」と進学を決めたことを話していました。

 その田原監督にとっても、大学野球での難しさはあるようで、「高校はトーナメントなので1回負ければ終わりですが、(リーグ戦の)大学は負けても次がある。切り替えは難しいところがありますね」と話していました。

 秋を含めると2季連続ですが春は5年ぶり。2016年に就任した田原監督にとっても初の全国大会になります。

 1回戦は6月10日(月)、東京ドームの第2試合で北東北大学野球連盟の代表校と対戦します。どんな戦いになるか楽しみですね!


① 左堅 中山 聡(玉野光南)2年
② 右翼 野嶋 惇登(県立和歌山商)3年
③ DH 吉村 颯龍谷大平安)4年
④ 一塁 石井 太尊(玉野光南)4年
⑤ 中堅 木岡 大地(上宮太子)2年
⑥ 捕手 坪倉 斗真近江)4年
⑦ 三塁 森本 翔大天理)2年
⑧ 遊撃 唐澤 颯近江)3年
⑨ 二塁 前田 勇大奈良大附)4年
  投手 中山 怜央奈良大附)4年


(文:松倉 雄太

【関連記事】
甲子園で躍動したあの選手たちも在籍!大阪工業大学がなんと131季ぶりに優勝!全日本大学野球選手権へ! 【ニュース - その他】
高校通算50本塁打のスラッガーが関西学生野球で活躍!甲子園をわかせたスターが躍動 【ニュース - その他】
第4回 中四国地区「大学野球事始」【四国発】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第21回 【センバツ出場校分析】奈良大学附属高等学校(奈良)【第87回選抜高校野球大会 チーム紹介】
第170回 奈良大学附属高等学校(奈良)【後編】【野球部訪問】
第44回 第84回選抜の選考を振り返る【近畿・中国 四国・九州 編】【大会展望・総括コラム】
中山 怜央(奈良大附) 【選手名鑑】
奈良大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る