• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 高校通算50本塁打のスラッガーが関西学生野球で活躍!甲子園をわかせたスターが躍動

高校通算50本塁打のスラッガーが関西学生野球で活躍!甲子園をわかせたスターが躍動

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.10

 関西学生野球春季リーグの関関戦(関西大学vs関西学院大学)が熱戦続きです。

 4月26日に行われた1回戦は9回に1点ずつを取り合い、延長13回で引き分け。27日に行われた2回戦は延長12回に関西大学の5番・倉川竜之介選手(4年・桜宮)がサヨナラタイムリー。そして昨日(5月9日)に行われた3回戦は、延長目前の9回裏に関西学院大学の代打・杉園 大樹選手(2年・明豊)がサヨナラ打を放ち、4回戦にもつれることになりました。

 追加日程として組まれた4回戦は、当初は同志社大学vs京都大学の1試合のみが行われる予定だった5月12日に第2試合として行われることになりました。

 毎試合の激闘、そして接戦に3回戦を勝った関西学院大学の木内祥晴監督も「どうやったら勝てるか教えてほしい」と苦笑いしていました。

 さて、昨日(9日)の3回戦で代打出場でサヨナラ打を放った杉園 大樹選手。覚えている方も多いと思いますが、高校通算50本塁打のスラッガー。2年前の夏の甲子園でベスト8に進出した時も、4番打者として出場していました。



杉園大樹(明豊⇒関西学院大)

 大分県中津市出身の杉園選手。「大学では九州を出たかった」と、明豊野球部からは初めて関西学院大学野球部に進みました。

 まだ出場機会は少ないながらも、代打の切り札の1人として起用されています。

 昨日(9日)のサヨナラ打は、「野球人生で初めてです。バットを持つ両手の間を開けて、工夫した。何でもいいから打ちたいと思っていた。嬉しいです」と感想を話してくれました。

 「関大は意識する相手。最近は勝ち点が取れていないと聞いているので、絶対に勝ちたい」と4回戦へ向けての抱負を語ってくれた杉園選手のバットに、今後も注目です。

 ちなみに、中津市出身ということで、好きな食べ物はからあげ。「実家の近くにある、《鳥しん》というお店のからあげが、しょうゆダレでおいしんです」とも話してくれました。皆さん、中津市へ行かれた際は杉園選手おススメの《鳥しん》のからあげをぜひ試してみてくださいね!

(文:松倉 雄太

【関連記事】
監督からの金言を胸に夏に挑む!鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【ニュース - インタビュー】
紆余曲折の鈴木寛人の歩みに迫る!鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【ニュース - インタビュー】
第1011回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第926回 選抜出場校の明豊と大分のマッチレースとか?!はたまた新勢力が台頭するのか?【大会展望・総括コラム】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第9回 小田和正さんや南こうせつさんなど..多くの著名人が高校の校歌を手掛けている!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
明豊vs鹿児島実 2【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs鹿児島実【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs明豊【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第924回 センバツで開花せよ!アベレージヒッター&ユーティリティプレーヤー・野邊 優汰(明豊)! 【2019年インタビュー】
杉園 大樹(明豊) 【選手名鑑】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
沖縄はベスト4が出揃う!本日は準決勝、21日はついに決勝!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る