2019年も注目したい大学生野手をピックアップ!高校時代の活躍も振り返る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.01

 高校野球の春季大会が各地で始まるとともに大学野球のリーグ戦も各地で開幕している。そこで今回は2019年注目の野手を3名ピックアップして紹介していきたい。

 まず最初に紹介したいのが国際武道大の勝俣 翔貴だ。

 勝俣は東京の強豪・東海大菅生出身の選手で1年夏から3番サードで出場。投手としても起用され2年の練習試合で横浜高校を相手にノーヒットノーランを達成し投打で活躍した。

 高校3年時にはU-18日本代表に選ばれWBSC U-18ベースボールワールドカップに出場。打率.556、12打点と首位打者、打点王の二冠を獲得。さらに外野手部門でベストナインを獲得し素晴らしい結果を残した。

 国際武道大進学後は1年春のリーグ戦から出場。これまでで5度のベストナインを獲得しており安定的な結果を残している。

 2018年には大学日本代表に選出され第29回 ハーレムベースボールウィークではチームの優勝に貢献した。

 次に紹介したいのが近畿大の佐藤輝明だ。

 佐藤は兵庫県の仁川学院出身の選手で、当時は無名の存在だったが、近畿大学進学後に才能が開花する。

 一年春からリーグ戦に出場し近畿大の主軸を担う。2018年の秋季リーグ戦ではチームの主軸として優勝に貢献。打率.354・3本塁打の成績を残しリーグの優秀選手に輝いた。

 そんな佐藤は2018年に行われた第29回ハーレムベースボールウィークで当時2年生ながら日本代表に選出された。日本は全勝で大会を制し、佐藤にとっても大きな経験となった。

 最後に紹介したいのが筑波大の篠原 涼だ。

 篠原は福井の強豪・敦賀気比出身の選手だ。2014年、夏の甲子園坂出商戦では本塁打を含む4安打を放ち全国にその存在を知らした。翌年の選抜では主将としてチームを優勝に導き、夏には侍ジャパンU-18代表に選出されるなど輝かしい経歴を辿ってきた。

 筑波大進学後は3年次に12年ぶりの神宮大会出場に貢献。合宿二日目の午前に行われた紅白戦でも、二塁打を放ち代表入りへアピールした。

あわせて読みたい!
筑波大学 篠原 涼選手【前編】「甲子園に出るまでは地元に帰らないと決めた1年春」
勝俣 翔貴選手「誰よりも愛され、信頼される打者へ」

【関連記事】
仁志敏久から学ぶ!『やってはいけない守備/フライ捕球の声かけ』 【ニュース - 高校野球関連】
早川 隆久に三浦銀二....2019年も注目したい3投手をピックアップ! 【ニュース - その他】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs宮崎県選抜【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
勝俣 翔貴(東海大菅生) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
石川 雅規選手(東京ヤクルトスワローズ)が軟らかいグラブが好きな理由とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る