捻挫を軽く考えない!大きなケガになっている場合も

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.23

足関節の捻挫は軽く考えず、受傷直後の対応と再発予防をしっかり行おう

 足をくじいたり、ひねったりする捻挫は経験したことがある選手も多いと思います。特に足関節の捻挫はランニング動作や切り返しなどのターン、ベースを踏んだときなどに生じやすく、比較的なじみのあるスポーツ傷害の一つであると言えるでしょう。中には足首をひねったけれど、しばらくしたら痛みがおさまったから…といってそのままプレーを続けてしまうケースも少なくありません。ただ足首をひねったということは足関節を構成する靱帯や腱、筋肉、時には骨などが損傷している場合もあるので注意が必要です。

 見た目には腫れや変形などが見られなくても、足関節内部での損傷が考えられるため、捻挫をした後は適切な応急処置を行うようにしましょう。患部に過度な負担をかけないようにし、氷や氷水などをつかって冷却などのRICE処置を行います。内部で損傷し、炎症している状態をなるべく拡げないようにするためです。場合によっては医療機関を受診し、安静期間の指示やその後のリハビリテーションなどを指導してもらうことが大切です。痛みがなくなっても捻挫によって痛んだ靱帯や腱などは修復に時間がかかることが多く、安易に競技復帰してしまうと痛んだ部位にストレスがかかってさらに時間がかかってしまったり、痛みを再発したりします。中には何度も繰り返す捻挫によって足関節を支えている靱帯などが機能低下を起こし、いわゆる「ゆるい」状態になってしまうこともあります。

 捻挫を繰り返すようになってしまうと着地をしたときなどの不安感がぬぐえなかったり、テーピングやサポーターが必要になってしまったりすることもあります。もちろん患部周辺のトレーニングなどによってもある程度カバーできるところですが、捻挫をした初期段階でムリをしてしまうと後々長引くことにもなってしまいます。「捻挫はよくあることだから」「いつもひねりやすいから」と考えるのではなく、この状態を少しでも改善させるために必要なことを選択するようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
昼食後の眠気はなぜ起こる? 【ニュース - その他】
脳のウォームアップ 【ニュース - その他】
第221回 骨折の種類とカルシウムの必要性【セルフコンディショニングのススメ】
第220回 病院を受診するときに確認すること【セルフコンディショニングのススメ】
第219回 試合のパフォーマンスを支える補食【セルフコンディショニングのススメ】
第218回 投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン【セルフコンディショニングのススメ】
第217回 スイング動作と手首のケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る