四国アイランドリーグplusに所属する徳島インディゴソックスは、6年連続でNPBドラフト指名選手を輩出している勢いのあるチームだ。

 最近では、埼玉西武ライオンズで活躍する伊藤 翔や、2018年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに育成1位指名を受けた、鎌田 光津希などが、徳島インディゴソックスからプロ野球の世界に羽ばたいており、今年もNPB入りへ大きな期待が持てる選手が多くいる。

 中でも注目なのは、明徳義塾出身の岸 潤一郎だ。エースとして4度の甲子園に出場し、多くの高校野球ファンを沸かせたことは記憶に新しいだろう。

 また、大阪桐蔭時代に藤浪晋太郎(阪神)投手とバッテリーを組んでいた川端晃希にも注目だ。高校卒業後は、同志社大学やJFE東日本でプレーを続けてきた「野球エリート」が、野球人生を懸けて今シーズンから徳島でプレーする。

 徳島インディゴソックスの練習は、緊張感の中にも楽しさがあり、各選手が課題を持ちながら終始ハツラツとした表情でプレーしていた。

 今シーズンから徳島インディゴソックスの主将を務める安井 勇輝は、チームの雰囲気を次のように語る。
 「雰囲気はすごく良いと思います。常に前向きで明るくて、本当に野球のやりやすい雰囲気の中、楽しくできます。環境面も、インディゴコンディショニングハウスというジムもありますし、それなりに整っていると思います」

 リーグ制覇、そして7年連続でドラフト指名を狙う徳島インディゴソックス。2019年も注目の存在だ。

あわせて読みたい!
ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス)
大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1