• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠一心(オール住之江ヤング)のピッチングにフォーカス!!

「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠一心(オール住之江ヤング)のピッチングにフォーカス!!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.17

 中学野球のトップレベルの選手が集まるU-15日本代表で、主に5番打者として活躍したオール住之江ヤングの小畠一心。185センチ80キロと、中学生離れした屈強な体格から、パワフルな打撃を見せる小畠であるが、投手としても非凡な才能を見せつける。
 今回は、そんな小畠のピッチングにフォーカスしていく。



小畠一心(オール住之江ヤング)

 小畠の投球を最初に見たのは、U-15日本代表の強化合宿であった。当時の印象は、横振りや膝の割れが時折気になる投球フォームで、どちらかと言えば打者としてのインパクトが強かった。

 だが強化合宿から約7カ月を経て、改めて小畠のピッチングを見た訳だが、投手として大きな成長を遂げており非常に驚かされた。強化合宿の際に気になった横振りや膝の割れは全く無く、スピードも明らかにアップしており、本格派投手へと変貌を遂げていたのだ。

 そんな小畠は、この春から奈良県内の高校へと進学の予定となっている。
 「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠の、さらなる飛躍に期待したい。

文=栗崎 祐太朗

あわせて読みたい!
「野球が上手くなるための才能」を備えたU-15日本代表 小畠一心(オール住之江ヤング)【前編】
投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】

【関連記事】
高校野球ドットコムで取材したネクスト球児たちの進路一覧を発表!! 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭にあの2選手が入部!ネクスト球児たちの進路情報【野手編】 【ニュース - その他】
第875回 高校野球に踏み出したゴールデンルーキーたち!即戦力候補を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第923回 「野球が上手くなるための才能」を備えたU-15日本代表 小畠一心(オール住之江ヤング)【前編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季新潟県大会】新潟2位の新潟県央工、準決勝のもようを徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る