• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠一心(オール住之江ヤング)のピッチングにフォーカス!!

「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠一心(オール住之江ヤング)のピッチングにフォーカス!!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.17

 中学野球のトップレベルの選手が集まるU-15日本代表で、主に5番打者として活躍したオール住之江ヤングの小畠 一心。185センチ80キロと、中学生離れした屈強な体格から、パワフルな打撃を見せる小畠であるが、投手としても非凡な才能を見せつける。
 今回は、そんな小畠のピッチングにフォーカスしていく。



小畠一心(オール住之江ヤング)

 小畠の投球を最初に見たのは、U-15日本代表の強化合宿であった。当時の印象は、横振りや膝の割れが時折気になる投球フォームで、どちらかと言えば打者としてのインパクトが強かった。

 だが強化合宿から約7カ月を経て、改めて小畠のピッチングを見た訳だが、投手として大きな成長を遂げており非常に驚かされた。強化合宿の際に気になった横振りや膝の割れは全く無く、スピードも明らかにアップしており、本格派投手へと変貌を遂げていたのだ。

 そんな小畠は、この春から奈良県内の高校へと進学の予定となっている。
 「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠の、さらなる飛躍に期待したい。

文=栗崎 祐太朗

あわせて読みたい!
「野球が上手くなるための才能」を備えたU-15日本代表 小畠一心(オール住之江ヤング)【前編】
投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】

【関連記事】
智辯のスーパールーキー・小畠一心がリリーフ登板!打っては打点を上げて勝利に貢献! 【ニュース - 高校野球関連】
前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が振り返る「一流選手の習慣」と「U-15日本代表選手の将来性」vol.3 【ニュース - インタビュー】
第984回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第615回 柔軟な発想で選手の将来を考えるオール住之江ヤング その魅力は輝かしい歴史だけではない【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第875回 高校野球に踏み出したゴールデンルーキーたち!即戦力候補を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第923回 「野球が上手くなるための才能」を備えたU-15日本代表 小畠一心(オール住之江ヤング)【前編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
小畠 一心(智辯学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
この夏に使える?!帝京高校チアリ―ディング部に高校野球の応援ソングの振り付けを聞きました!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る