もう一度意識してみたい「ありがとう」の意味!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.09

 今日は3月9日。レミオロメンの「3月9日」という曲が有名ですが、3(サン)9(キュー)の語呂合わせで、「ありがとうの日」でもあります。

 高校球児の皆さん、普段の練習や試合で、どれくらい「ありがとう」という言葉を使っているでしょうか。強豪校で有名なのが選抜にも出場する広陵のモットーですね。

 ありがとうは漢字で「有難う」と書きます。

 辞書などを見ると、語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く(ありがたく)」がウ音便化し、ありがとうとなったとあります。

 「有り難し(ありがたし)」は、「有る(ある)こと」が「難い(かたい)」という意味で、本来は「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味を表したんですね。

 今日から練習試合という高校も多いと思います。3月9日にちなんで、今日はいつも以上に「ありがとう」という言葉を発することを意識してみてはいかがでしょうか。

(文:松倉 雄太

コメントを投稿する

前の記事:
ひざ掛けで、マネージャーの寒さ対策を!【マネージャー】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る