清宮、野村の跡を継いだ早稲田実業の主将・生沼 弥真人を紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.10

 今回は2018年12月に行われた東京代表のキューバ遠征のバッティング練習の様子から早稲田実業生沼 弥真人選手をピックアップして紹介していく。

 早稲田実業では清宮 幸太郎野村 大樹の怪物スラッガーたちの跡を継ぎ、主将に抜擢された生沼。キューバ遠征でもそのキャプテンシーが認められ、主将に任命された。

 生沼の魅力といえばファースト、サード、レフトを守れるユーティリティー性だ。キューバ遠征でも複数のポジションをそつなくこなした。長打を打ててユーティリティー性のある選手は非常に珍しいのではないだろうか。



生沼 弥真人(早稲田実業)

 打撃では一発を打つ長打力もあり、速球派、技巧派問わずに攻略できる対応力の高さも兼ね備える。高校2年生としてはかなりの完成度だ。キューバ遠征ではすぐに打てたわけではなく、宿舎近くの公園で懸命に素振りをしたり、試行錯誤を重ねながら徐々に対応していきその姿勢が結果として出た。そのひたむきに取り組む姿勢も生沼の魅力だ。

 今回の遠征でさらなるレベルアップを果たした生沼。2019年の活躍に期待したい。

あわせて読みたい!
主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像
東京代表vsキューバ代表 第5戦

【関連記事】
偉大なる先輩・鈴木 誠也を彷彿とさせる右田 稜真(二松学舎大附)長打力は東京屈指! 【ニュース - その他】
「日本 vs メキシコ」出場選手から見える「将来への投資」 【ニュース - その他】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第830回 キューバ遠征から見えた国際大会での戦い方【大会展望・総括コラム】
第828回 「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡【大会展望・総括コラム】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
あと1点をもぎ取るために!藤代(茨城県)は対応力を磨く!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る