東京代表のバッティング練習!木製バットで豪快なスイングを見せる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.08

 2018年12月15日から12月27日までキューバ遠征を行った東京代表。現地時間の17日から21日まで5連戦を行い、1勝3敗1分という成績に終わった。

 勝つまでの苦しみ、勝利をつかんだ過程というのは選手たちにとって大きな糧になることは間違いない。国際大会は簡単に勝てない、自分の土俵で戦えないということを実感したことだろう。

 今回は最終戦の前に行われた、東京代表の打撃練習の様子をお届けする。
 今回の遠征では木製バットを使用。各選手は対応に追われたものの実戦で感覚を掴んでいき、打撃練習では柵越えする様子が多々見られた。

 しっかりと順応し力強いスイングを見せた東京代表。この対応力は今後の野球人生でも生きていくだろう。

【投手】8名
11 伊藤 大征早稲田実業
13 細野 晴希東亜学園
14 中村 晃太朗東海大菅生
17 坂本 一樹(岩倉)
15 宮里 優吾(岩倉)
16 武内 寛斗(八王子)
18 井上 広輝(日大三)
19 谷 幸之助(関東一)

【捕手】3名
24 小山 翔暉東海大菅生
25 宮崎 恭輔國學院久我山
26 佐藤 英雄日大三

【内野手】6名
1 生沼 弥真人早稲田実業
3 山崎 主真 (都立日野
4 成瀬 脩人東海大菅生
5 小松 涼馬帝京
7 渋谷 嘉人 (関東一)
8 藤波 怜央 (帝京)

【外野手】3名
2 右田 稜真二松学舎大附
23 野村 昇大郎二松学舎大附
27 古川 風勝創価

あわせて読みたい!
キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた
「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡

【関連記事】
東海大相模が優勝した春季関東大会を投手運用の面から振り返る! 【ニュース - コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
新戦力を試しあった「TOKAI決戦」!決勝戦を徹底レポート!【春季関東大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs東海大菅生【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第911回 令和初の関東王者になるのは?「TOKAI決戦」のキーマン、勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第908回 今年の関東ベスト4はすべて南関東!準決勝の注目選手・勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
山村学園vs国士舘【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)【大会展望・総括コラム】
第903回 関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々!【大会展望・総括コラム】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第952回 待っていた25年ぶりの優勝。今年の東海大菅生の象徴・石田隆成! 【2019年インタビュー】
第944回 まだまだいる猛者揃いの東海大菅生。堅守のセンター・今江康介のスピードを見逃すな! 【2019年インタビュー】
第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ 【2019年インタビュー】
第939回 精密なコントロールは根気強さから生まれる 中村晃太朗(東海大菅生)後編 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
伊藤 大征(早稲田実業) 【選手名鑑】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
創成館の初戦の相手は下関国際(山口)に決定!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る